グループ関連
コーポレートサイト
●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ ファンコート厚木
  └ ファンコート泉
社会福祉法人 平成会
社会福祉法人 湖星会
  ├ 特養ラスール掛川
  ├ 特養ラスール苗穂
  └ 特養ラスール金沢文庫
  └ 特養ラスール坂下
医療法人社団 緑愛会
  └ 茂庭オー・ド・エクラ
社会福祉法人 緑愛会
  └ 特養オー・ド・エクラ
医療法人社団 湖聖会(宮城)
株式会社 テイクオフ
株式会社 健康倶楽部
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会(東京事業部)
  ├ 銀座医院
  ├ 上野透析クリニック
  ├ 健康倶楽部北野
  ├ カーサしんゆりフランシア
  └ 芝地区港区立いきいきプラザ
株式会社 日本ライフデザイン
  ├ 葉山の丘
  ├ アーバンリビング相模原
  ├ ベルビルガーデンやまと
  ├ ベルビルサロンつるま
  └ ベルビルサロン田園
医療法人社団 湖聖会(千葉)
社会福祉法人 草加福祉会
  └ クラシックレジデンス東戸塚
社会福祉法人 カメリア会
  ├ カメリア桜ヶ丘
  └ サンハイム荒川
社会福祉法人 白山福祉会
  ├ 新卒採用専用サイト
  └ キャリア採用専用サイト
社会福祉法人 苗場福祉会
社会福祉法人 狭山公樹会
株式会社 スマイルパートナーズ
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 湖山リハビリテーション病院
  ├ ききょうの郷
  ├ 鶴舞乃城
  └ 星のしずく
社会福祉法人 百葉の会
社会福祉法人 湖成会
  └ 熱海伊豆海の郷 
医療法人社団 藤友五幸会
グループ関連ブログサイト
●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ 会津美里事業部
  ├ 会津事業部
  ├ 郡山事業部
  └ 神奈川事業部
株式会社 健康倶楽部
医療法人社団 緑愛会
医療法人社団 湖聖会(宮城)
  └ はまブログ
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 銀座医院だより
  ├ 介護日記
  └ 地域交流通信
微笑み新たに-日本ライフデザイン
医療法人社団 湖聖会(千葉)
  ├ 純恵の郷だより
  └ キーストーンだより
社会福祉法人 草加福祉会
カメリア会 スタッフのつぶやき
社会福祉法人 白山福祉会
社会福祉法人 苗場福祉会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 百葉の会新卒採用情報
  ├ 湖山リハビリテーション病院 ふれあい日記
  ├ 鶴舞乃城
  ├ もももも百葉
  ├ そてつの一歩
  ├ ゆひもや
  ├ 百葉介護センターわかば
  ├ 百葉二の宮
  ├ 「みずあおい」のブログ
  ├ わらちゃんしなちゃんCafe
  ├ 百葉清水浪漫館
  ├ アーマビリータ
  ├ 花ごろも
  ├ わたしの家
  ├ 星のしずく
  ├ デイサービスセンターアルク富士宮
  └ 花咲み
社会福祉法人 百葉の会
  └ 南部の郷
社会福祉法人 湖成会
  ├ 百恵の郷
  ├ 熱海伊豆海の郷
  ├ 富士多機能ホーム
  ├ 特別養護老人ホーム 楓の丘
医療法人社団 藤友五幸会

センターとこしえあたご 『平成29年度テイクオフ研究発表大会』 <テイクオフ>

センターとこしえあたご 『平成29年度テイクオフ研究発表大会』 <テイクオフ>

みなさんこんにちわ。

先日、テイクオフ平成29年度研究発表会が開催されました。

各事業所で取り組んできた成果を発表する日がついに来ました。

DSC_1967.JPG

社長からの挨拶では、目標、テーマは各事業所異なっていてもこやまケアに間違いはない。

取り組んだことは必ず力になる。自信を持って発表してほしい。

水平展開が出来てこやまケアが活かされてくる。他者の発表を聴き、

気づきの有意義な時間にして欲しいと自信が持てる挨拶を頂きました。

DSC_1920.JPG DSC_1953.JPG

時間内で自分達が行ってきたことをどう伝えるか、

しっかり伝わるためにはと最後の最後まで発表準備を行う発表者たち・・・緊張が伝わります

DSC_1945.JPG DSC_1933.JPG

これだけの人数の前で発表する機会がなかなかないので、

自分達の事業所を分かってもらう良い機会になってほしいものです。

DSC_2112.JPG

お客様がとこしえを選んで下さり、笑顔で過ごせるのは

日々、奮闘する職員の力が一番です。

テイクオフ250人いる職員の代表で発表した方達、様々な思いがあったことでしょう。

DSC_1973.JPG DSC_1987.JPG DSC_2036.JPG

オブサーバー達からもするどい質問が飛び交いました。

DSC_2044.JPG DSC_2052.JPG

社長の挨拶の通り、テーマは異なっても、

” お客様の笑顔のため 喜びのため 安心した生活のため ”

その思いはどの事業所も変わらないんだと思いました。

DSC_1998.JPG DSC_2115.JPG DSC_1978.JPG

そして、発表を聴いて自分達の事業所でも取り入れてみたい。やってみよう

と、今後の事業所の取り組みや課題も見えたと、今回参加した職員達から聴かれました。

DSC_2063.JPG DSC_2111.JPG

今回3事業所が11月にある全国のチームケア学会に選ばれました。

しかし、全事業所も全力で取り組み、たくさん苦労したことでしょう。

今回の研究を糧にさらに良いケアにつながるよう現場で活かして欲しいと思います。

DSC_2211.JPG

介護はチームケアです。職員が一丸となってこそ出来るこやまケアです。

発表会が終わった職員達。一つのことをやり遂げ、とても清々しい表情です。

皆さん大変お疲れさまでした。これからも益々テイクオフが発展できるよう

250人が手と手をつなぎ、更なる究極のケアを目指して頑張っていきましょう。

【2017年10月9日 テイクオフこやまケア委員会】