グループ関連
コーポレートサイト

●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ ファンコート厚木
  └ ファンコート泉
社会福祉法人 平成会
社会福祉法人 湖星会
医療法人社団 緑愛会
  └ 茂庭オー・ド・エクラ
社会福祉法人 緑愛会
  └ 特養オー・ド・エクラ
医療法人社団 湖聖会(宮城)
株式会社 テイクオフ
株式会社 健康倶楽部
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会(東京事業部)
  ├ 銀座医院
  ├ 上野透析クリニック
  ├ 健康倶楽部北野
  ├ カーサしんゆりフランシア
  └ 芝地区港区立いきいきプラザ
株式会社 日本ライフデザイン
  ├ 葉山の丘
  ├ アーバンリビング相模原
  ├ ベルビルガーデンやまと
  ├ ベルビルサロンつるま
  └ ベルビルサロン田園
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  └ クラシックレジデンス東戸塚
社会福祉法人 カメリア会
  ├ カメリア桜ヶ丘
  └ サンハイム荒川
社会福祉法人 大和会
社会福祉法人 白山福祉会
  ├ 新卒採用専用サイト
  ├ 25の壁 キャリア採用サイト
  └ キャリア採用専用サイト
社会福祉法人 苗場福祉会
社会福祉法人 狭山公樹会
株式会社 スマイルパートナーズ
一般財団法人 愛生会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 湖山リハビリテーション病院
  ├ ききょうの郷
  ├ 鶴舞乃城
  └ 星のしずく
社会福祉法人 百葉の会
社会福祉法人 湖成会
  └ 採用専用サイト 
医療法人社団 藤友五幸会

グループ関連ブログサイト

●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ 会津美里事業部
  ├ 会津事業部
  ├ 郡山事業部
  └ 神奈川事業部
社会福祉法人 湖星会
  └ ラスール泉
  └ ラスール坂下
  └ ラスール金沢文庫
  └ ラスール苗穂
  └ ラスール掛川
  └ ラスール伊達
  └ 万葉の郷
  └ オハナハウス
  └ みどりの郷
株式会社 健康倶楽部
医療法人社団 緑愛会
医療法人社団 湖聖会(宮城)
  └ はまブログ
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 銀座医院だより
  ├ 介護日記
  └ 地域交流通信
微笑み新たに-日本ライフデザイン
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  ├ マナーハウス麻溝台
  ├ アートフェリス
  ├ マナーハウス横山台
  ├ フェリス八幡
   ├ フェリス
   ├ クラシックレジデンス東戸塚
  └ クラシックレジデンス江戸川台

カメリア会 スタッフのつぶやき
社会福祉法人 白山福祉会
社会福祉法人 苗場福祉会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 百葉の会新卒採用情報
  ├ 湖山リハビリテーション病院 ふれあい日記
  ├ 鶴舞乃城
  ├ もももも百葉
  ├ そてつの一歩
  ├ ゆひもや
  ├ 百葉介護センターわかば
  ├ 百葉二の宮
  ├ 「みずあおい」のブログ
  ├ わらちゃんしなちゃんCafe
  ├ 百葉清水浪漫館
  ├ アーマビリータ
  ├ 花ごろも
  ├ わたしの家
  ├ 星のしずく
  ├ デイサービスセンターアルク富士宮
  └ 花咲み

社会福祉法人 百葉の会
  └ 南部の郷

社会福祉法人 湖成会
  ├ 百恵の郷
  ├ 熱海伊豆海の郷
  ├ 富士多機能ホーム
  ├ 特別養護老人ホーム 楓の丘
医療法人社団 藤友五幸会

【銀座湖山日記/5月2日】貸し本屋にマガジンを売りに行く

【銀座湖山日記/5月2日】貸し本屋にマガジンを売りに行く

3358925_s
当時の小学生の1番の楽しみはなんと言っても漫画雑誌です。
一年の頃は、「少年」「冒険王」と言った月刊紙でした。
やがて、「マガジン」「サンデー」「ジャンプ」と言った週刊誌の時代が来ます。
全部買えるほどのお小遣いは貰えませんから、当時はどこの街にも文房具屋兼貸し本屋があり、ランドセルを背負ったお客様が押し寄せました。
違う雑誌を交換して友情を育むのもその頃の思い出です。
小さな店舗の真ん中にお風呂屋さんの番台の様な席があって、ランドセルを背負った小学生は、おじさん!と叫ぶと奥から店主のおじさんが出てきます。
鉛筆やノートを買うついでの様に店に入って、マンガ雑誌を立ち読みするのです。
やがて、早く借りるのを決めて!と店主から声がかかるので、渋々1冊借りる本を決めます。
何故か恥ずかしくて、隠す様にして抱えて走るように店を飛び出すのです。
マンガ週刊誌は発売日の前夜駅の売店に並びます。
その一日が待ちきれず、夕方駅に走ります。
夕闇の混雑している商店街の真ん中を全力で走って、ハーハー言いながら駅の階段を登って改札口の外にあった売店に顔を突っ込みます。
買ったばかりの雑誌を開いて読みながら歩いて貸し本屋さんに行きます。
読了したばかりの新しい雑誌を、貸し出し料金の50円引きで買ってもらうのです。
エジソンは少年時代列車で新聞を売っていましたが、泰成君は値引きで雑誌を貸本屋さんに卸していた訳です。
翌朝まだ読んでいないクラスメートに、優越感を持って少しだけ話してあげます。
BOOKOFFのない時代、ほのぼのとした貸し本屋さんはランドセル少年のデイサービスでした。
牛乳瓶の蓋の様なレンズの眼鏡をかけた、店主のお爺ちゃんの顔と声は今も覚えています。
小学校卒業の頃、その貸し本屋さんは店じまいになりました。
その後、後継ぎがいないので廃業になる街角の本屋さんを沢山見ることになります。
店じまいの日、泰成君は今まで貯めてきたお年玉とお小遣いの全財産を握ってマンガを買い占めます。
こっちの棚からこっちの棚迄下さい。
大人買いはこの頃だったのですね。
その時のマンガがは今でも、脳裏に、心の奥に残っています。
主人公は今でも私の心の中で生き続けています。

頑張れ! アトム、エイトマン、鉄人28号!
湖山グループ 代表 湖山 泰成