グループ関連
コーポレートサイト

●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ ファンコート厚木
  └ ファンコート泉
社会福祉法人 平成会
社会福祉法人 湖星会
医療法人社団 緑愛会
  └ 茂庭オー・ド・エクラ
社会福祉法人 緑愛会
  └ 特養オー・ド・エクラ
医療法人社団 湖聖会(宮城)
株式会社 テイクオフ
株式会社 健康倶楽部
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会(東京事業部)
  ├ 銀座医院
  ├ 上野透析クリニック
  ├ 健康倶楽部北野
  ├ カーサしんゆりフランシア
  └ 芝地区港区立いきいきプラザ
株式会社 日本ライフデザイン
  ├ 葉山の丘
  ├ アーバンリビング相模原
  ├ ベルビルガーデンやまと
  ├ ベルビルサロンつるま
  └ ベルビルサロン田園
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  └ クラシックレジデンス東戸塚
社会福祉法人 カメリア会
  ├ カメリア桜ヶ丘
  └ サンハイム荒川
社会福祉法人 大和会
社会福祉法人 白山福祉会
  ├ 新卒採用専用サイト
  ├ 25の壁 キャリア採用サイト
  └ キャリア採用専用サイト
社会福祉法人 苗場福祉会
社会福祉法人 狭山公樹会
株式会社 スマイルパートナーズ
一般財団法人 愛生会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 湖山リハビリテーション病院
  ├ ききょうの郷
  ├ 鶴舞乃城
  └ 星のしずく
社会福祉法人 百葉の会
社会福祉法人 湖成会
  └ 採用専用サイト 
医療法人社団 藤友五幸会

グループ関連ブログサイト

●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ 会津美里事業部
  ├ 会津事業部
  ├ 郡山事業部
  └ 神奈川事業部
社会福祉法人 湖星会
  └ ラスール泉
  └ ラスール坂下
  └ ラスール金沢文庫
  └ ラスール苗穂
  └ ラスール掛川
  └ ラスール伊達
  └ 万葉の郷
  └ オハナハウス
  └ みどりの郷
株式会社 健康倶楽部
医療法人社団 緑愛会
医療法人社団 湖聖会(宮城)
  └ はまブログ
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 銀座医院だより
  ├ 介護日記
  └ 地域交流通信
微笑み新たに-日本ライフデザイン
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  ├ マナーハウス麻溝台
  ├ アートフェリス
  ├ マナーハウス横山台
  ├ フェリス八幡
   ├ フェリス
   ├ クラシックレジデンス東戸塚
  └ クラシックレジデンス江戸川台

カメリア会 スタッフのつぶやき
社会福祉法人 白山福祉会
社会福祉法人 苗場福祉会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 百葉の会新卒採用情報
  ├ 湖山リハビリテーション病院 ふれあい日記
  ├ 鶴舞乃城
  ├ もももも百葉
  ├ そてつの一歩
  ├ ゆひもや
  ├ 百葉介護センターわかば
  ├ 百葉二の宮
  ├ 「みずあおい」のブログ
  ├ わらちゃんしなちゃんCafe
  ├ 百葉清水浪漫館
  ├ アーマビリータ
  ├ 花ごろも
  ├ わたしの家
  ├ 星のしずく
  ├ デイサービスセンターアルク富士宮
  └ 花咲み

社会福祉法人 百葉の会
  └ 南部の郷

社会福祉法人 湖成会
  ├ 百恵の郷
  ├ 熱海伊豆海の郷
  ├ 富士多機能ホーム
  ├ 特別養護老人ホーム 楓の丘
医療法人社団 藤友五幸会

【銀座湖山日記/8月15日】ホットな演劇、クールな映画

【銀座湖山日記/8月15日】ホットな演劇、クールな映画

銀座の職員の観劇会を続けている。
港区でミュージカルを2度観た。
同じ演目である。
その劇団の演目は、今まで、大体観ているのだが、コロナで数年振りだ。
人生初のミュージカルは、小学校2年の時、英国の劇団のオリバーだった。
嫌がる私を母が無理やり連れて行った。
でも、始まると、舞台の熱気に巻き込まれて、まさしく、かぶり付きで、一瞬も目が離せなかった。
最前列から2番目で、舞台の息吹きも振動も伝わって来た。
その時のシーンは、今でも思い出せる。
舞台を一心に観ている、隣の席の母の横顔も、今でも瞼に浮かぶ。
子供の時に、母と観た演劇と映画は、全て思い出せる。
その後は、映画のメリー・ポピンズ、サウンド・オブ・ミュージックと繋がるのだが。
ウエスト・サイド・ストーリーは、何時頃、観たのか、記憶に定かではない。
多分、1人で観に行ったのだろう。
ポスターは覚えている。
テレビが最初だったかもしれない。
今回の2回の観劇は、感動の度合い、感情移入の度合いが大分違った。
座席によって、見える世界が違う。
目に入る役者が違う。
役者の歌や踊りの出来が、多少違う。
毎回、生の演技だから当たり前だが。
今回の2度目では、最後は、全観客がスタンディング・オベーションで、拍手喝采。
役者の気持ちの盛り上がりが、ファンと一体となっていた。
舞台と客席との一体感は、気持ちの良いものだ。
演劇は、役者身体の生の声が、観客の心を揺さぶる。
オペラと同じ。
役者の魅力を熱く感じる。
一方、映画は全体芸術。
カメラアングルや、編集の効果が大きい。
比較すると、映画は、クールな媒体だとわかる。
観ている自分は、客観的だ。
自分の身は安全だ。
でも、劇場の観客は安全ではいられない。
役者の、生きた身体の魅力に取り込まれる。
劇場の観客と役者と一体感が生まれる。
ホットな時間空間となる。
湖山の施設は、劇場、舞台。
観客は、患者、高齢者とその家族、そして、園児。
役者は、そこで働く、職員、貴方自身だ。
私は、プロデューサー、兼、劇場主。
今日も、満場の観客を湧かせてほしい。

本日職員新規PCR検査陽性者1名
ご苦労様です。感謝いたします。

今朝のパルスオキシメーター 99・99・99
血糖 157 体温 36.3度

老いたアラジンの冒険 代表 湖山 泰成

ーーーーーーー 

【銀座湖山日記】

http://koyama-cn.com/

● https://www.facebook.com/koyama7412

https://twitter.com/Morimoto2021