グループ関連
コーポレートサイト

●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ ファンコート厚木
  └ ファンコート泉
社会福祉法人 平成会
社会福祉法人 湖星会
医療法人社団 緑愛会
  └ 茂庭オー・ド・エクラ
社会福祉法人 緑愛会
  └ 特養オー・ド・エクラ
医療法人社団 湖聖会(宮城)
株式会社 テイクオフ
株式会社 健康倶楽部
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会(東京事業部)
  ├ 銀座医院
  ├ 上野透析クリニック
  ├ 健康倶楽部北野
  ├ カーサしんゆりフランシア
  └ 芝地区港区立いきいきプラザ
株式会社 日本ライフデザイン
  ├ 葉山の丘
  ├ アーバンリビング相模原
  ├ ベルビルガーデンやまと
  ├ ベルビルサロンつるま
  └ ベルビルサロン田園
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  └ クラシックレジデンス東戸塚
社会福祉法人 カメリア会
  ├ カメリア桜ヶ丘
  └ サンハイム荒川
社会福祉法人 大和会
社会福祉法人 白山福祉会
  ├ 新卒採用専用サイト
  ├ 25の壁 キャリア採用サイト
  └ キャリア採用専用サイト
社会福祉法人 苗場福祉会
社会福祉法人 狭山公樹会
株式会社 スマイルパートナーズ
一般財団法人 愛生会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 湖山リハビリテーション病院
  ├ ききょうの郷
  ├ 鶴舞乃城
  └ 星のしずく
社会福祉法人 百葉の会
社会福祉法人 湖成会
  └ 採用専用サイト 
医療法人社団 藤友五幸会

グループ関連ブログサイト

●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ 会津美里事業部
  ├ 会津事業部
  ├ 郡山事業部
  └ 神奈川事業部
社会福祉法人 湖星会
  └ ラスール泉
  └ ラスール坂下
  └ ラスール金沢文庫
  └ ラスール苗穂
  └ ラスール掛川
  └ ラスール伊達
  └ 万葉の郷
  └ オハナハウス
  └ みどりの郷
株式会社 健康倶楽部
医療法人社団 緑愛会
医療法人社団 湖聖会(宮城)
  └ はまブログ
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 銀座医院だより
  ├ 介護日記
  └ 地域交流通信
微笑み新たに-日本ライフデザイン
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  ├ マナーハウス麻溝台
  ├ アートフェリス
  ├ マナーハウス横山台
  ├ フェリス八幡
   ├ フェリス
   ├ クラシックレジデンス東戸塚
  └ クラシックレジデンス江戸川台

カメリア会 スタッフのつぶやき
社会福祉法人 白山福祉会
社会福祉法人 苗場福祉会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 百葉の会新卒採用情報
  ├ 湖山リハビリテーション病院 ふれあい日記
  ├ 鶴舞乃城
  ├ もももも百葉
  ├ そてつの一歩
  ├ ゆひもや
  ├ 百葉介護センターわかば
  ├ 百葉二の宮
  ├ 「みずあおい」のブログ
  ├ わらちゃんしなちゃんCafe
  ├ 百葉清水浪漫館
  ├ アーマビリータ
  ├ 花ごろも
  ├ わたしの家
  ├ 星のしずく
  ├ デイサービスセンターアルク富士宮
  └ 花咲み

社会福祉法人 百葉の会
  └ 南部の郷

社会福祉法人 湖成会
  ├ 百恵の郷
  ├ 熱海伊豆海の郷
  ├ 富士多機能ホーム
  ├ 特別養護老人ホーム 楓の丘
医療法人社団 藤友五幸会

銀座シネマタイム21 『スター・トレック』

銀座シネマタイム21 『スター・トレック』

『スター・トレック』

子供の時にSFは自分の将来の夢そのものだった。手塚治虫、石森章太郎の漫画は来るべき日本の未来、ひいては自分の未来の生活だと思っていた。小学生の時、テレビで観た「宇宙大作戦」は人類の未来の繁栄を予言していた。人類の将来はそう甘くない、明るくないと気づくにはそう時間はかからなかったが、当時のわくわくする胸のうちは、いまだ子供の時のままだ。スター・トレックは訳せば宇宙幌馬車隊。TV企画の時はまさしく、大西部のかわりに宇宙を羽ばたく人類の騎兵隊の設定だった。時は冷戦の時代。正義の銀河連邦と敵対する野蛮な敵異星人との戦いはまさしく、アメリカの建国の歴史の焼き直しである。今思えば帝国主義礼賛と言われてもしょうがない。でも、乗組員は黒人、東洋人きちんと配置され、白人の艦長の下であるが、一致協力し、時には異文化の異星人にも理解を示し、未知の航海に挑む。一番の人気者になったのは、バルカン人と地球人との混血の科学士官スポック副艦長で、演じたレナード・ニモイはSFファンダムのカリスマイコンとなった。今回はニモイ自身が未来の本人役で登場している。医師のマッコイは艦長の友人で重要な役所である。ワイアット・アープとドク・ホリディのコンビであろうか。本編は主人公カークが艦長になるまでの、スター・トレック・カーク艦長ビギンズと言える。タイムパラドックスのストーリーはどうしても矛盾に満ちて納得しづらいが、気にしないでほしい。製作監督のJ.J.エイブラムスはTV番組のスパイアクション「エイリアス」、謎に満ちた無人島漂流奇談「LOST」の荒唐無稽な物語設定とスピーディーに満ちた場面展開で絶賛を浴び、トム・クルーズの目に留まり、「MI:Ⅱ」で監督デビューを果たした。今回はおなじみクルーの若き日の紹介や、コバヤシマルテストなど今までファンなじみのエピソードにこだわりすぎて、監督らしさが発揮されていない。永遠不滅の本シリーズの次回もきっと、エイブラムス監督で製作されると思う。次回こそ楽しみ。そう思って、長生きを心がけている。(こ)