グループ関連
コーポレートサイト
●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ ファンコート厚木
  └ ファンコート泉
社会福祉法人 平成会
社会福祉法人 湖星会
医療法人社団 緑愛会
  └ 茂庭オー・ド・エクラ
社会福祉法人 緑愛会
  └ 特養オー・ド・エクラ
医療法人社団 湖聖会(宮城)
株式会社 テイクオフ
株式会社 健康倶楽部
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会(東京事業部)
  ├ 銀座医院
  ├ 上野透析クリニック
  ├ 健康倶楽部北野
  ├ カーサしんゆりフランシア
  └ 芝地区港区立いきいきプラザ
株式会社 日本ライフデザイン
  ├ 葉山の丘
  ├ アーバンリビング相模原
  ├ ベルビルガーデンやまと
  ├ ベルビルサロンつるま
  └ ベルビルサロン田園
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  └ クラシックレジデンス東戸塚
社会福祉法人 カメリア会
  ├ カメリア桜ヶ丘
  └ サンハイム荒川
社会福祉法人 大和会
社会福祉法人 白山福祉会
  ├ 新卒採用専用サイト
  ├ 25の壁 キャリア採用サイト
  └ キャリア採用専用サイト
社会福祉法人 苗場福祉会
社会福祉法人 狭山公樹会
株式会社 スマイルパートナーズ
一般財団法人 愛生会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 湖山リハビリテーション病院
  ├ ききょうの郷
  ├ 鶴舞乃城
  └ 星のしずく
社会福祉法人 百葉の会
社会福祉法人 湖成会
  └ 熱海伊豆海の郷 
医療法人社団 藤友五幸会
グループ関連ブログサイト
●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ 会津美里事業部
  ├ 会津事業部
  ├ 郡山事業部
  └ 神奈川事業部
社会福祉法人 湖星会
  └ ラスール泉
  └ ラスール坂下
  └ ラスール金沢文庫
  └ ラスール苗穂
  └ ラスール掛川
  └ ラスール伊達
  └ 万葉の郷
  └ オハナハウス
  └ みどりの郷
株式会社 健康倶楽部
医療法人社団 緑愛会
医療法人社団 湖聖会(宮城)
  └ はまブログ
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 銀座医院だより
  ├ 介護日記
  └ 地域交流通信
微笑み新たに-日本ライフデザイン
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  ├ マナーハウス麻溝台
  ├ アートフェリス
  ├ マナーハウス横山台
  ├ フェリス八幡
   ├ フェリス
   ├ クラシックレジデンス東戸塚
  └ クラシックレジデンス江戸川台
カメリア会 スタッフのつぶやき
社会福祉法人 白山福祉会
社会福祉法人 苗場福祉会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 百葉の会新卒採用情報
  ├ 湖山リハビリテーション病院 ふれあい日記
  ├ 鶴舞乃城
  ├ もももも百葉
  ├ そてつの一歩
  ├ ゆひもや
  ├ 百葉介護センターわかば
  ├ 百葉二の宮
  ├ 「みずあおい」のブログ
  ├ わらちゃんしなちゃんCafe
  ├ 百葉清水浪漫館
  ├ アーマビリータ
  ├ 花ごろも
  ├ わたしの家
  ├ 星のしずく
  ├ デイサービスセンターアルク富士宮
  └ 花咲み
社会福祉法人 百葉の会
  └ 南部の郷
社会福祉法人 湖成会
  ├ 百恵の郷
  ├ 熱海伊豆海の郷
  ├ 富士多機能ホーム
  ├ 特別養護老人ホーム 楓の丘
医療法人社団 藤友五幸会

【銀座湖山日記/5月15日】初めての当直

【銀座湖山日記/5月15日】初めての当直

3399416_s
28歳の4月、銀座の救急指定病院の常任理事事務長となりました。
それ以来2年間は1日も休めなかったと思います。
でも、救急病院の経営の全てを経験することが出来ました。
銀座の四季、昼のお買い物と夜の歓楽街の顔。
ウイークデイのビジネス街の顔と、週末の商店街の顔。
早速、木曜の夜の事務当直当番に入りました。
当時、1日に5台平均の救急車が来ました。
今は車の性能が良くなって考えられませんが、当時は追突事故が珍しくありませんでした。
エアーバックも普及してなかったのでしょう。
ビル工事があれば工事期間中に一件の転落事故がありました。
事務当直者はカウンターの後ろの、カルテ棚の裏のソファーに毛布一枚を被って仮眠をします。
救急車が来ればサイレンとライトで直ぐに気がつきます。
夕方、年配の男性が意識不明で運び込まれました。
連絡先のメモを持参していましたから、病識をお持ちだったのでしょう。
直ぐに電話連絡をすると、賑やかなお店の騒音が背景に聞こえます。
お店で働いているので深夜迄行けません、待っていて、頂けますか?
勿論、救急指定病院ですから、24時間何時でも結構です。
すいません、ご迷惑かけます。
まさしく日付の変わる頃に、割烹着姿の女性が走って飛び込んでいらっしゃいました。
部屋番号をお伝えすると、ありがとうございます、と一声叫んで、私の手を握ります。
私が階段の方を指し示すと、エプロンと頭の白い被り物をかなぐり、階段を駆け上がって行きました。
一瞬の事でしたが、奥さんは本当に心配なさっているのだなと言うことが、伝わります。
そして、私の手には、小さく折り畳まれた千円札が2枚、握られていました。
その先の記憶はないのですが、その時の端正に折られた手の中の千円札の形状は未だに、目に焼き付いています。
当然お返しすべきものですが、悩んだ末にそうしませんでした。
お返しする事の方が、失礼で相手を傷つける気がしたからです。
その千円札は未だ財布の中にしまってあります、と言いたいところですが、そうはなりません。
翌日、1人ビールを飲んで帰ったと思います。
その方が、私の手を握った夫人が喜んでくださると思ったからです。
今と違って患者様のご家族からお菓子やお花をを頂く事がありました。
断らずに、お礼を言って、事務所で分けなさいと言うようなったのはその時の体験からです。
院長に2千円握らすことは出来なくとも、深夜迄シャッターを開けて待っててくれた病院の受付には感謝の気持ちを伝えてたかったのだと思います。
今思い返してもそうしてよかったと思います。
救急病院がテレビドラマになるのはよくわかります。
社会の縮図で、毎日のように人生のドラマがあります。
今は立派な国会議員になられた方が、大学生の頃、うちで事務当直のアルバイトしていた事がありました。
初日に頭から血を流した患者様が搬送されて来た初勤務が、自分の人生経験で一番のショックだったと、今だに言われます。
病院介護施設の当直をして、命の仕事の大変さ、使命、やりがいを知る人がいます。
一方、自分には無理だと他の道に転ずる人もいます。
どちらも、自分の人生の道です。
私は今年初めて当直に入る新人の事を思います。
皆さんも同じ思いで優しく新人を見守ってくださっていると思います。

若い時の苦労を思い出すようでは、私もそろそろかなあと思います。
君達は貰っては行けませんよ。

湖山グループ 代表 湖山泰成