グループ関連
コーポレートサイト
●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ ファンコート厚木
  └ ファンコート泉
社会福祉法人 平成会
社会福祉法人 湖星会
医療法人社団 緑愛会
  └ 茂庭オー・ド・エクラ
社会福祉法人 緑愛会
  └ 特養オー・ド・エクラ
医療法人社団 湖聖会(宮城)
株式会社 テイクオフ
株式会社 健康倶楽部
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会(東京事業部)
  ├ 銀座医院
  ├ 上野透析クリニック
  ├ 健康倶楽部北野
  ├ カーサしんゆりフランシア
  └ 芝地区港区立いきいきプラザ
株式会社 日本ライフデザイン
  ├ 葉山の丘
  ├ アーバンリビング相模原
  ├ ベルビルガーデンやまと
  ├ ベルビルサロンつるま
  └ ベルビルサロン田園
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  └ クラシックレジデンス東戸塚
社会福祉法人 カメリア会
  ├ カメリア桜ヶ丘
  └ サンハイム荒川
社会福祉法人 大和会
社会福祉法人 白山福祉会
  ├ 新卒採用専用サイト
  ├ 25の壁 キャリア採用サイト
  └ キャリア採用専用サイト
社会福祉法人 苗場福祉会
社会福祉法人 狭山公樹会
株式会社 スマイルパートナーズ
一般財団法人 愛生会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 湖山リハビリテーション病院
  ├ ききょうの郷
  ├ 鶴舞乃城
  └ 星のしずく
社会福祉法人 百葉の会
社会福祉法人 湖成会
  └ 熱海伊豆海の郷 
医療法人社団 藤友五幸会
グループ関連ブログサイト
●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ 会津美里事業部
  ├ 会津事業部
  ├ 郡山事業部
  └ 神奈川事業部
社会福祉法人 湖星会
  └ ラスール泉
  └ ラスール坂下
  └ ラスール金沢文庫
  └ ラスール苗穂
  └ ラスール掛川
  └ ラスール伊達
  └ 万葉の郷
  └ オハナハウス
  └ みどりの郷
株式会社 健康倶楽部
医療法人社団 緑愛会
医療法人社団 湖聖会(宮城)
  └ はまブログ
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 銀座医院だより
  ├ 介護日記
  └ 地域交流通信
微笑み新たに-日本ライフデザイン
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  ├ マナーハウス麻溝台
  ├ アートフェリス
  ├ マナーハウス横山台
  ├ フェリス八幡
   ├ フェリス
   ├ クラシックレジデンス東戸塚
  └ クラシックレジデンス江戸川台
カメリア会 スタッフのつぶやき
社会福祉法人 白山福祉会
社会福祉法人 苗場福祉会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 百葉の会新卒採用情報
  ├ 湖山リハビリテーション病院 ふれあい日記
  ├ 鶴舞乃城
  ├ もももも百葉
  ├ そてつの一歩
  ├ ゆひもや
  ├ 百葉介護センターわかば
  ├ 百葉二の宮
  ├ 「みずあおい」のブログ
  ├ わらちゃんしなちゃんCafe
  ├ 百葉清水浪漫館
  ├ アーマビリータ
  ├ 花ごろも
  ├ わたしの家
  ├ 星のしずく
  ├ デイサービスセンターアルク富士宮
  └ 花咲み
社会福祉法人 百葉の会
  └ 南部の郷
社会福祉法人 湖成会
  ├ 百恵の郷
  ├ 熱海伊豆海の郷
  ├ 富士多機能ホーム
  ├ 特別養護老人ホーム 楓の丘
医療法人社団 藤友五幸会

【銀座湖山日記/5月16日】父の背広

【銀座湖山日記/5月16日】父の背広

3332787_s
昨年93歳で亡くなった父聖道理事長の遺品を、週末になると少しづつ整理しています。
遺品の整理は遺族の心の整理として大事な事です。
と精神科の教授に言われていましたが、これ程重い事とは知りませんでした。
6年間の間、湖山病院でリハビリ生活をしていました。
ワードロープにはクリーニングをして、袖を通していない背広が60着並んでいます。
英國屋で仕立てた服が多く有ります。
夏はこの白地に縦縞の柄を良く見たな。
大好きだったネクタイは結目のところが黒くなっている。
このネクタイは私のだった。
父のネクタイが古いのばかりだと、母が私のところからだいぶ持っていったのだな。
ネクタイは私がまた使うようになりました。
父に首を絞められないように、日々の戒めとします。
スーツの処分に困りました。
和服と違ってお直しをして使うと言うことが出来ません。
古着屋やリサイクルショップに引き取ってもらう事も考えました。
結局、礼服とジャケットを1着ずつのこして、全部捨てる事にしました。
ゴミ袋に詰めて9袋ありました。
1ヶ月かけて、1袋ずつ廃棄しました。
袋を通してうっすら見える見慣れた父の背広の柄はただの服ではありませんでした。
後ろ髪を引かれるとはこの事でしょう。
思い出の埋葬。
高齢者を見守り見送る仕事のプロフェッショナルの筈が、我が親となると全然勝手が違います。
当たり前だけど。
子供の時から背後の慈愛に満ちた父の視線を感じながら生きてきました。
結局、65歳になっても、聖道理事長の息子として生きてきたのだな。
父を看取って、私はやっと成人式を迎えたのだなと、空を見上げました。

65歳の成人式

ベルトは短くて使えません
帽子は何とか被れます

父の思い出は、湖山の思い出の中に

湖山グループ 代表 湖山泰成