グループ関連
コーポレートサイト
●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ ファンコート厚木
  └ ファンコート泉
社会福祉法人 平成会
社会福祉法人 湖星会
医療法人社団 緑愛会
  └ 茂庭オー・ド・エクラ
社会福祉法人 緑愛会
  └ 特養オー・ド・エクラ
医療法人社団 湖聖会(宮城)
株式会社 テイクオフ
株式会社 健康倶楽部
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会(東京事業部)
  ├ 銀座医院
  ├ 上野透析クリニック
  ├ 健康倶楽部北野
  ├ カーサしんゆりフランシア
  └ 芝地区港区立いきいきプラザ
株式会社 日本ライフデザイン
  ├ 葉山の丘
  ├ アーバンリビング相模原
  ├ ベルビルガーデンやまと
  ├ ベルビルサロンつるま
  └ ベルビルサロン田園
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  └ クラシックレジデンス東戸塚
社会福祉法人 カメリア会
  ├ カメリア桜ヶ丘
  └ サンハイム荒川
社会福祉法人 大和会
社会福祉法人 白山福祉会
  ├ 新卒採用専用サイト
  ├ 25の壁 キャリア採用サイト
  └ キャリア採用専用サイト
社会福祉法人 苗場福祉会
社会福祉法人 狭山公樹会
株式会社 スマイルパートナーズ
一般財団法人 愛生会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 湖山リハビリテーション病院
  ├ ききょうの郷
  ├ 鶴舞乃城
  └ 星のしずく
社会福祉法人 百葉の会
社会福祉法人 湖成会
  └ 熱海伊豆海の郷 
医療法人社団 藤友五幸会
グループ関連ブログサイト
●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ 会津美里事業部
  ├ 会津事業部
  ├ 郡山事業部
  └ 神奈川事業部
社会福祉法人 湖星会
  └ ラスール泉
  └ ラスール坂下
  └ ラスール金沢文庫
  └ ラスール苗穂
  └ ラスール掛川
  └ ラスール伊達
  └ 万葉の郷
  └ オハナハウス
  └ みどりの郷
株式会社 健康倶楽部
医療法人社団 緑愛会
医療法人社団 湖聖会(宮城)
  └ はまブログ
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 銀座医院だより
  ├ 介護日記
  └ 地域交流通信
微笑み新たに-日本ライフデザイン
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  ├ マナーハウス麻溝台
  ├ アートフェリス
  ├ マナーハウス横山台
  ├ フェリス八幡
   ├ フェリス
   ├ クラシックレジデンス東戸塚
  └ クラシックレジデンス江戸川台
カメリア会 スタッフのつぶやき
社会福祉法人 白山福祉会
社会福祉法人 苗場福祉会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 百葉の会新卒採用情報
  ├ 湖山リハビリテーション病院 ふれあい日記
  ├ 鶴舞乃城
  ├ もももも百葉
  ├ そてつの一歩
  ├ ゆひもや
  ├ 百葉介護センターわかば
  ├ 百葉二の宮
  ├ 「みずあおい」のブログ
  ├ わらちゃんしなちゃんCafe
  ├ 百葉清水浪漫館
  ├ アーマビリータ
  ├ 花ごろも
  ├ わたしの家
  ├ 星のしずく
  ├ デイサービスセンターアルク富士宮
  └ 花咲み
社会福祉法人 百葉の会
  └ 南部の郷
社会福祉法人 湖成会
  ├ 百恵の郷
  ├ 熱海伊豆海の郷
  ├ 富士多機能ホーム
  ├ 特別養護老人ホーム 楓の丘
医療法人社団 藤友五幸会

【銀座湖山日記/6月8日】見えない人

【銀座湖山日記/6月8日】見えない人

483537_s
銀座の週末は歩行者天国になります。
昔で言う銀座通り、今で言う中央通りです。
直接で1250メートルあります。
何よりも銀座全体がフラットで、バリアフリーです。
地下鉄からのエレベーターも完備している方です。
パラリンピックに向けて、車椅子で行きたくなる日本で1番バリアフリーな街になる。
銀座街づくりの長期テーマです。
数年前から、学生や若者と10人位で、銀座車椅子ツアーをします。
銀座本部から出発し、8丁目から1丁目まで、2人1組で銀ブラをします。
乗る人と押す人のコンビです。
8丁目で折り返す時に交代します。
普段は車道で歩く事のない、銀座通りの真ん中を車椅子で移動しながら銀ブラをする。
違うポイントから違う視野で銀座を見る。
私自身、いつも新鮮でワクワクします。
8丁目の博品館では混んでいて売り場迄車椅子では行けません。
デパートの車椅子トイレは女性トイレの入り口にあり、男性は行きづらい。
何よりもメインイベントは4丁目と5丁目の間の晴海通りを渡る事です。
20メートル四方のクロス交差点を怒涛ののように人の群れが動きます。
車椅子で渡ると、凄く怖いのです。
視野の高さの違いからもあります。
向かいの迫って来る群衆の人と目が合わないのです。
近づいて来る人も、追い越して行く人も、車椅子に乗っている私を無視して行くのです。
まるで私が透明人間で有るがの如く。
目の前の直前で道を開けてくれますが、視線を合わせないのです。
シカトされる気分というのでしょうか。
これ位暗くて不安な気分はありません。
路面の喫茶店に入っても、周りのお客さんは一切見えない素振りをします。
まるで、視線を向けるだけで失礼に当たるのではないかと遠慮します、と言った風情です。
隣のアメリカ人らしいカップルは声をかけて来るのですが。
最近銀座に車椅子の人が増えて来たのは誇らしい事です。
でも、視線を向けては失礼という日本の習慣は外国からの人には誤解されてしまいます。
礼儀の文化ではなく、外国人差別であると。
病人、障害者に対する態度も同じではないだろうかと考えました。
自分は社会からは“見えない人”
礼儀正しく優しく親切な日本人として理解されたい。
その思いをどう相手に伝えるか?
異文化間コミニケーションの問題であるだけではありません。
私達自身の人間性を問われていると思います。
自動運転車椅子の開発を構想しています。
便利になっても人間の本質を益々問われる事になるでしょう。

私の車椅子を押して頂けませんか

今日迄湖山にコロナゼロ ご苦労様です

感謝致します

湖山グループ 代表 湖山泰成