グループ関連
コーポレートサイト

●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ ファンコート厚木
  └ ファンコート泉
社会福祉法人 平成会
社会福祉法人 湖星会
医療法人社団 緑愛会
  └ 茂庭オー・ド・エクラ
社会福祉法人 緑愛会
  └ 特養オー・ド・エクラ
医療法人社団 湖聖会(宮城)
株式会社 テイクオフ
株式会社 健康倶楽部
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会(東京事業部)
  ├ 銀座医院
  ├ 上野透析クリニック
  ├ 健康倶楽部北野
  ├ カーサしんゆりフランシア
  └ 芝地区港区立いきいきプラザ
株式会社 日本ライフデザイン
  ├ 葉山の丘
  ├ アーバンリビング相模原
  ├ ベルビルガーデンやまと
  ├ ベルビルサロンつるま
  └ ベルビルサロン田園
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  └ クラシックレジデンス東戸塚
社会福祉法人 カメリア会
  ├ カメリア桜ヶ丘
  └ サンハイム荒川
社会福祉法人 大和会
社会福祉法人 白山福祉会
  ├ 新卒採用専用サイト
  ├ 25の壁 キャリア採用サイト
  └ キャリア採用専用サイト
社会福祉法人 苗場福祉会
社会福祉法人 狭山公樹会
株式会社 スマイルパートナーズ
一般財団法人 愛生会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 湖山リハビリテーション病院
  ├ ききょうの郷
  ├ 鶴舞乃城
  └ 星のしずく
社会福祉法人 百葉の会
社会福祉法人 湖成会
  └ 採用専用サイト 
医療法人社団 藤友五幸会

グループ関連ブログサイト

●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ 会津美里事業部
  ├ 会津事業部
  ├ 郡山事業部
  └ 神奈川事業部
社会福祉法人 湖星会
  └ ラスール泉
  └ ラスール坂下
  └ ラスール金沢文庫
  └ ラスール苗穂
  └ ラスール掛川
  └ ラスール伊達
  └ 万葉の郷
  └ オハナハウス
  └ みどりの郷
株式会社 健康倶楽部
医療法人社団 緑愛会
医療法人社団 湖聖会(宮城)
  └ はまブログ
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 銀座医院だより
  ├ 介護日記
  └ 地域交流通信
微笑み新たに-日本ライフデザイン
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  ├ マナーハウス麻溝台
  ├ アートフェリス
  ├ マナーハウス横山台
  ├ フェリス八幡
   ├ フェリス
   ├ クラシックレジデンス東戸塚
  └ クラシックレジデンス江戸川台

カメリア会 スタッフのつぶやき
社会福祉法人 白山福祉会
社会福祉法人 苗場福祉会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 百葉の会新卒採用情報
  ├ 湖山リハビリテーション病院 ふれあい日記
  ├ 鶴舞乃城
  ├ もももも百葉
  ├ そてつの一歩
  ├ ゆひもや
  ├ 百葉介護センターわかば
  ├ 百葉二の宮
  ├ 「みずあおい」のブログ
  ├ わらちゃんしなちゃんCafe
  ├ 百葉清水浪漫館
  ├ アーマビリータ
  ├ 花ごろも
  ├ わたしの家
  ├ 星のしずく
  ├ デイサービスセンターアルク富士宮
  └ 花咲み

社会福祉法人 百葉の会
  └ 南部の郷

社会福祉法人 湖成会
  ├ 百恵の郷
  ├ 熱海伊豆海の郷
  ├ 富士多機能ホーム
  ├ 特別養護老人ホーム 楓の丘
医療法人社団 藤友五幸会

【銀座湖山日記/8月20日】ナンバープレート

【銀座湖山日記/8月20日】ナンバープレート

1311274_s
昨年9月に亡くなった、父聖道理事長は、生きていれば、今日で92歳になる。
65歳の私が同年迄生きたとしたら、後26年もある事になる。
全借金を個人保証している為、終身オーナー経営者を辞めるわけにはいかない。
ALSで寝たきりや、車椅子生活になっても、尋常ならざる力のあった経営者を知っている。
それ程の、生命力も、気力も持ち合わせないが、入院寝たきりになっても、契約書に署名できる限り、創業オーナー経営者としての、責任は果たさなくてはならない。
松下幸之助翁は、晩年の25年を松下記念病院で執務していたと言う。
役員会も、新商品の許可も、病院の会議室で行ったそうだ。
父も、入院6年間は、病室で、経営業務をしていた。
医療フタッフに囲まれているので、自宅より、安心していた。
託児所のポッポの子供達のふれあいが、日々の幸せだったと思う。
少なくとも、私が持ち込む報告経営相談よりも。
自宅より幸せな病院というのもあるわけだ。
スタッフのお陰です。
子供の頃、父は車を運転するのが好きで、毎週末は家族でドライブ。
ゴルフをする様になっても、自分で運転して、夫婦でゴルフとドライブを楽しんでいた。
父は新車を買った事はないと思う。
何時も、親しい友人が買い替える際に、古いベンツを引き取るのである。
私は、そのまた古くなったお下がりのベンツを貰うのである。
しかも、昔は右ハンドルのベンツである。
エンジンが右にあるのに、ハンドルだけ右に付け替えたので、バランスが悪く、左に曲がる時は、スピードを落とした。
でも、左側通行の日本では、右ハンドルでないと危険だと言うのが、父の持論。
だったら、日本車に乗れ、と、いつも思っていた。
晩年は、左ハンドルのベンツになった。
譲ってくれる友人が左ハンドルの車にしたからである。
その時は、日本では、左ドアの方が、乗り降りには安全だと言っていた。
理事長は、勝手なものだ。
自分の意見が変わっても、躊躇も、恥ずかしげもない。
自分がヘビースモーカーだった癖に、やめた途端、喫煙しているスタッフに禁煙を説いていた。
理事長は、勝手なものだ。
その辺りは、私も似ているかも知れない。
銀座の院長を務めていた30年間は、毎朝私が運転して通勤した。
その間、友人であり、患者である、同窓生の思い出話を聞いていた。
性格談議、月旦と言う。
大臣や、財界人、大学教授となった偉い人との青春の思い出。
その後、偉い人に対する見方がだいぶ身近になった。
あの時代のトップは、偉かったと、思う。
特に昨今の日本のリーダーを見るとそう思う。
でも、それだけ、日本は幸せだったのだ。
これからは、そうではないだろう。
さて、父の為に、私が車を初めて買った時は、国産の最高級車を選んだ。
後部座席にマッサージ機能がある。
私は苦手だが、父は気に入っていた。
初めて、ナンバープレートを選んだ。
それは、820。父の誕生日。
誰も気が付かなかっただろうが、父は一眼見て、破顔した。
でも、口にする事はなかった。
父への唯一の、誕生日プレゼントとなった。
その車に今日も乗って通勤する。

今日迄 湖山にコロナ2人 ご苦労様です
感謝致します

湖山グループ 代表 湖山泰成