グループ関連
コーポレートサイト
●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ ファンコート厚木
  └ ファンコート泉
社会福祉法人 平成会
社会福祉法人 湖星会
医療法人社団 緑愛会
  └ 茂庭オー・ド・エクラ
社会福祉法人 緑愛会
  └ 特養オー・ド・エクラ
医療法人社団 湖聖会(宮城)
株式会社 テイクオフ
株式会社 健康倶楽部
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会(東京事業部)
  ├ 銀座医院
  ├ 上野透析クリニック
  ├ 健康倶楽部北野
  ├ カーサしんゆりフランシア
  └ 芝地区港区立いきいきプラザ
株式会社 日本ライフデザイン
  ├ 葉山の丘
  ├ アーバンリビング相模原
  ├ ベルビルガーデンやまと
  ├ ベルビルサロンつるま
  └ ベルビルサロン田園
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  └ クラシックレジデンス東戸塚
社会福祉法人 カメリア会
  ├ カメリア桜ヶ丘
  └ サンハイム荒川
社会福祉法人 大和会
社会福祉法人 白山福祉会
  ├ 新卒採用専用サイト
  ├ 25の壁 キャリア採用サイト
  └ キャリア採用専用サイト
社会福祉法人 苗場福祉会
社会福祉法人 狭山公樹会
株式会社 スマイルパートナーズ
一般財団法人 愛生会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 湖山リハビリテーション病院
  ├ ききょうの郷
  ├ 鶴舞乃城
  └ 星のしずく
社会福祉法人 百葉の会
社会福祉法人 湖成会
  └ 熱海伊豆海の郷 
医療法人社団 藤友五幸会
グループ関連ブログサイト
●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ 会津美里事業部
  ├ 会津事業部
  ├ 郡山事業部
  └ 神奈川事業部
社会福祉法人 湖星会
  └ ラスール泉
  └ ラスール坂下
  └ ラスール金沢文庫
  └ ラスール苗穂
  └ ラスール掛川
  └ ラスール伊達
  └ 万葉の郷
  └ オハナハウス
  └ みどりの郷
株式会社 健康倶楽部
医療法人社団 緑愛会
医療法人社団 湖聖会(宮城)
  └ はまブログ
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 銀座医院だより
  ├ 介護日記
  └ 地域交流通信
微笑み新たに-日本ライフデザイン
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  ├ マナーハウス麻溝台
  ├ アートフェリス
  ├ マナーハウス横山台
  ├ フェリス八幡
   ├ フェリス
   ├ クラシックレジデンス東戸塚
  └ クラシックレジデンス江戸川台
カメリア会 スタッフのつぶやき
社会福祉法人 白山福祉会
社会福祉法人 苗場福祉会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 百葉の会新卒採用情報
  ├ 湖山リハビリテーション病院 ふれあい日記
  ├ 鶴舞乃城
  ├ もももも百葉
  ├ そてつの一歩
  ├ ゆひもや
  ├ 百葉介護センターわかば
  ├ 百葉二の宮
  ├ 「みずあおい」のブログ
  ├ わらちゃんしなちゃんCafe
  ├ 百葉清水浪漫館
  ├ アーマビリータ
  ├ 花ごろも
  ├ わたしの家
  ├ 星のしずく
  ├ デイサービスセンターアルク富士宮
  └ 花咲み
社会福祉法人 百葉の会
  └ 南部の郷
社会福祉法人 湖成会
  ├ 百恵の郷
  ├ 熱海伊豆海の郷
  ├ 富士多機能ホーム
  ├ 特別養護老人ホーム 楓の丘
医療法人社団 藤友五幸会

【銀座湖山日記/10月12日】ネットで繋がる心

【銀座湖山日記/10月12日】ネットで繋がる心

3375454_s
小生が特命(匿名ではない)教授をしている大学のゼミに講師として、ネット参加した。
後期初回のゼミで、学生の答えが慎重で、緊張しているのが良くわかった。
無理もない。こちらも、勝手が違い戸惑っている。
でも、その講義感想を教授に送って貰って読んだ。
社会保障を目指す学生として、しっかりした感想だ。
特養ホームでアルバイトをしている学生。
湖山でも、アルバイトして欲しい。
医療秘書を目指している学生。
その学生には、こう伝えた。
医療の知識、秘書の技術は当たり前。
何故、医療秘書を目指すのか。
医者と患者とのコミュニケーションが仕事。
その為には、共感できる感性、思いやり、優しさ。
それが、なければ、医療秘書を目指す意味はありません。
資格もありません。
厳しい、小生の示唆を正しく受け止めてくれた学生に感激した。
こういう学生に、将来、病院の事務長や、老人ホームの施設長になれるように、育てたい。
入職してくれたら、そう育てる義務が、私達湖山にはあると思う。
1人の医師である事。
1人の看護師である事。
1人の事務員である事。
その事の次に、管理職となって、後輩を育てられる人間になって欲しい。
若者の戸惑いと、息吹きを感じる事が、代表としての、自覚と責任を培っている。
この学生の先輩が湖山の施設で働いている。
年々継承していって欲しい。
その為の責任を、幹部は私と一緒に背負っている。
子供のいない私には、子供のようにも、孫のように思える。
実際、同窓会で、孫の結婚就職の話がでるようになった。
親の看取りの話の次に。
自分の病気の話の次に。
自分の孫がいたら、湖山Gに就職させたいと思えるだろうか。
そう、思えなければ、採用する資格はない。
そう、自信が持てるだけの事をしてあげなければならない。
そう、信じている人が、湖山の施設長、理事、社長となっている。
その幹部を頼り、支えられ、信じて、日々の問題に取り組んでいる。
メールでも、ネットでも、心は伝わる。
志が同じならば。そう、信じたい。
昨日は、藤沢の特養ホームから、ネットでコンサートがあった。
普段、施設でピアノ教室を主催している先生のコンサート。
ピアノとバイオリン。4曲。30分。
最後は、ピノキオの「星に願いを」
映画を観に出かけた新宿の雑踏の中で、アイフォンのスピーカーで聞いた。
生涯、何百回聴いたかわからぬ曲だ。
音質が悪くとも、頭の中で、心の中で、勝手に鳴り響いている。
雑踏の中で、スマートフォンを握って、立ち止まって涙している老人。
新宿の若者よ。
音楽は、ライブハウスやロフトだけではないぞ。
一人で聴く人生の曲もあるのだ。

今日迄湖山G職員にコロナ1人
ご苦労様です 感謝致します

湖山G代表 湖山泰成