グループ関連
コーポレートサイト
●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ ファンコート厚木
  └ ファンコート泉
社会福祉法人 平成会
社会福祉法人 湖星会
医療法人社団 緑愛会
  └ 茂庭オー・ド・エクラ
社会福祉法人 緑愛会
  └ 特養オー・ド・エクラ
医療法人社団 湖聖会(宮城)
株式会社 テイクオフ
株式会社 健康倶楽部
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会(東京事業部)
  ├ 銀座医院
  ├ 上野透析クリニック
  ├ 健康倶楽部北野
  ├ カーサしんゆりフランシア
  └ 芝地区港区立いきいきプラザ
株式会社 日本ライフデザイン
  ├ 葉山の丘
  ├ アーバンリビング相模原
  ├ ベルビルガーデンやまと
  ├ ベルビルサロンつるま
  └ ベルビルサロン田園
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  └ クラシックレジデンス東戸塚
社会福祉法人 カメリア会
  ├ カメリア桜ヶ丘
  └ サンハイム荒川
社会福祉法人 大和会
社会福祉法人 白山福祉会
  ├ 新卒採用専用サイト
  ├ 25の壁 キャリア採用サイト
  └ キャリア採用専用サイト
社会福祉法人 苗場福祉会
社会福祉法人 狭山公樹会
株式会社 スマイルパートナーズ
一般財団法人 愛生会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 湖山リハビリテーション病院
  ├ ききょうの郷
  ├ 鶴舞乃城
  └ 星のしずく
社会福祉法人 百葉の会
社会福祉法人 湖成会
  └ 熱海伊豆海の郷 
医療法人社団 藤友五幸会
グループ関連ブログサイト
●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ 会津美里事業部
  ├ 会津事業部
  ├ 郡山事業部
  └ 神奈川事業部
社会福祉法人 湖星会
  └ ラスール泉
  └ ラスール坂下
  └ ラスール金沢文庫
  └ ラスール苗穂
  └ ラスール掛川
  └ ラスール伊達
  └ 万葉の郷
  └ オハナハウス
  └ みどりの郷
株式会社 健康倶楽部
医療法人社団 緑愛会
医療法人社団 湖聖会(宮城)
  └ はまブログ
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 銀座医院だより
  ├ 介護日記
  └ 地域交流通信
微笑み新たに-日本ライフデザイン
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  ├ マナーハウス麻溝台
  ├ アートフェリス
  ├ マナーハウス横山台
  ├ フェリス八幡
   ├ フェリス
   ├ クラシックレジデンス東戸塚
  └ クラシックレジデンス江戸川台
カメリア会 スタッフのつぶやき
社会福祉法人 白山福祉会
社会福祉法人 苗場福祉会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 百葉の会新卒採用情報
  ├ 湖山リハビリテーション病院 ふれあい日記
  ├ 鶴舞乃城
  ├ もももも百葉
  ├ そてつの一歩
  ├ ゆひもや
  ├ 百葉介護センターわかば
  ├ 百葉二の宮
  ├ 「みずあおい」のブログ
  ├ わらちゃんしなちゃんCafe
  ├ 百葉清水浪漫館
  ├ アーマビリータ
  ├ 花ごろも
  ├ わたしの家
  ├ 星のしずく
  ├ デイサービスセンターアルク富士宮
  └ 花咲み
社会福祉法人 百葉の会
  └ 南部の郷
社会福祉法人 湖成会
  ├ 百恵の郷
  ├ 熱海伊豆海の郷
  ├ 富士多機能ホーム
  ├ 特別養護老人ホーム 楓の丘
医療法人社団 藤友五幸会

【銀座湖山日記/10月17日】日比谷映画劇場 おかえりなさい上映会

【銀座湖山日記/10月17日】日比谷映画劇場 おかえりなさい上映会

27130_s
10・31 から、六本木で、東京国際映画祭が開催されます。
昔は1週間殆ど、六本木ヒルズで過ごした年もありました。
「最強の二人」を映画祭で見つけた年です。
本気で、配給権を買おうかどうか迷いました。
愚かな事ですが、未だに、入札しなかった事を後悔しています。
買えたしまったら、もっと後悔したでしょう。
銀座老舗の若旦那の会で、銀座祭りに関わっていた頃。
何とか、国際映画祭を、銀座に持ってきたかったのですが、かないませんでした。
映画館は主に、日比谷で銀座だけではありませんでした。
大手映画会社の本社は銀座にあるのですが、銀座祭りには関心はありませんでした。
若い頃の連戦連敗の思い出です。
3年くらい頑張って諦めました。
大企業スポンサーのある、渋谷、やがて六本木に叶うはずはなかったのです。
映画業界は、ますます、制作も配給も映画館もネット配信も、全て大資本でなくては、叶わなくなりました。
その分、お金の掛かった大作を観れるわけですが。
世界中で、大ヒットさせる映画をブロックバスターと言います。
巨大資本を費やすので、絶対ヒットさせるように作ります。
つまり、アメリカでも、アジアでも、ヨーロッパでも。
キリスト教国でも、イスラム教国でも。
資本主義でも、共産主義でも。
大人でも、子供でも楽しめる。
つまり、ピザやハンバーグみたいな誰もが文句を言わない無難な味付けになります。
それも、美味しいのですが、そればかりだと。
癖のある、捻った作品。
個性のある役者。
ひとりよがりで、生意気な若手監督。
そう言った、今は無名だけでも、もしかしたら将来は巨匠。
と言った変人の登竜門が、チャンスがなくなってしまうのです。
お金のない映画ファンは、この人達を支える為に、応援する為に、自分でお金を出して映画館に足を運びます。
売れない作家の本を買うのと同じです。
昨日から日比谷映画街で、映画祭が始まりました。
今年だけのイベントでしょう。
コロナで痛めつけられた映画館を励ます為だと思います。
屋外、ロビーで名作の上映をしています。無料です。
何よりも、今年100年の歴史を誇る映画雑誌キネマ旬報。
その、映画女優の写真の表紙をパネル展示されています。
懐かしい。私の生まれる遥か前のスターの写真が印象的。
表情、ポーズが何と言っても、スター。
隣のお嬢さんではないなあ。
あの視線、仕草は、今だったら、恥ずかしくて出来ない。
古き良き時代に懐かしさは募るが、これから観に行く作品は、ピカピカの新作です。
黒沢清監督、頑張れ。

今日迄湖山職員にコロナ1人
ご苦労様です 感謝致します