グループ関連
コーポレートサイト
●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ ファンコート厚木
  └ ファンコート泉
社会福祉法人 平成会
社会福祉法人 湖星会
医療法人社団 緑愛会
  └ 茂庭オー・ド・エクラ
社会福祉法人 緑愛会
  └ 特養オー・ド・エクラ
医療法人社団 湖聖会(宮城)
株式会社 テイクオフ
株式会社 健康倶楽部
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会(東京事業部)
  ├ 銀座医院
  ├ 上野透析クリニック
  ├ 健康倶楽部北野
  ├ カーサしんゆりフランシア
  └ 芝地区港区立いきいきプラザ
株式会社 日本ライフデザイン
  ├ 葉山の丘
  ├ アーバンリビング相模原
  ├ ベルビルガーデンやまと
  ├ ベルビルサロンつるま
  └ ベルビルサロン田園
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  └ クラシックレジデンス東戸塚
社会福祉法人 カメリア会
  ├ カメリア桜ヶ丘
  └ サンハイム荒川
社会福祉法人 大和会
社会福祉法人 白山福祉会
  ├ 新卒採用専用サイト
  ├ 25の壁 キャリア採用サイト
  └ キャリア採用専用サイト
社会福祉法人 苗場福祉会
社会福祉法人 狭山公樹会
株式会社 スマイルパートナーズ
一般財団法人 愛生会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 湖山リハビリテーション病院
  ├ ききょうの郷
  ├ 鶴舞乃城
  └ 星のしずく
社会福祉法人 百葉の会
社会福祉法人 湖成会
  └ 熱海伊豆海の郷 
医療法人社団 藤友五幸会
グループ関連ブログサイト
●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ 会津美里事業部
  ├ 会津事業部
  ├ 郡山事業部
  └ 神奈川事業部
社会福祉法人 湖星会
  └ ラスール泉
  └ ラスール坂下
  └ ラスール金沢文庫
  └ ラスール苗穂
  └ ラスール掛川
  └ ラスール伊達
  └ 万葉の郷
  └ オハナハウス
  └ みどりの郷
株式会社 健康倶楽部
医療法人社団 緑愛会
医療法人社団 湖聖会(宮城)
  └ はまブログ
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 銀座医院だより
  ├ 介護日記
  └ 地域交流通信
微笑み新たに-日本ライフデザイン
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  ├ マナーハウス麻溝台
  ├ アートフェリス
  ├ マナーハウス横山台
  ├ フェリス八幡
   ├ フェリス
   ├ クラシックレジデンス東戸塚
  └ クラシックレジデンス江戸川台
カメリア会 スタッフのつぶやき
社会福祉法人 白山福祉会
社会福祉法人 苗場福祉会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 百葉の会新卒採用情報
  ├ 湖山リハビリテーション病院 ふれあい日記
  ├ 鶴舞乃城
  ├ もももも百葉
  ├ そてつの一歩
  ├ ゆひもや
  ├ 百葉介護センターわかば
  ├ 百葉二の宮
  ├ 「みずあおい」のブログ
  ├ わらちゃんしなちゃんCafe
  ├ 百葉清水浪漫館
  ├ アーマビリータ
  ├ 花ごろも
  ├ わたしの家
  ├ 星のしずく
  ├ デイサービスセンターアルク富士宮
  └ 花咲み
社会福祉法人 百葉の会
  └ 南部の郷
社会福祉法人 湖成会
  ├ 百恵の郷
  ├ 熱海伊豆海の郷
  ├ 富士多機能ホーム
  ├ 特別養護老人ホーム 楓の丘
医療法人社団 藤友五幸会

【銀座湖山日記/10月18日】スパイの妻を観に行く迄

【銀座湖山日記/10月18日】スパイの妻を観に行く迄

マスコミ、政治家が多く集まる映画を語る会がある。
そのメンバーなのだが、深夜なので、ここ数年欠席したいた。
そろそろ参加したい、皆さんの映画談議を聞きたいと虫が動き出した。
1190685_s
今月の話題映画は、ヴェネツィア国際映画祭監督賞を受賞した「スパイの妻」
昨日の朝は、雨。しめた。映画館も空いてるに違いない。
朝8:30の会に間に合うように、新宿に行った。
会場前に、人が並んでいる。びっくり。
映画会場は、全席使用に戻り、半分が埋まっている。
やはり、黒沢監督作品を観に来た年配ばかり。
新宿朝の8時半に映画を観にくる若者はいない。
私の二十歳の頃だったら、金曜の深夜から映画仲間と新宿で朝まで飲んで、土曜の午前一番の映画館に寝に行く事は珍しくなかった。
映画を観るにも体力はいる。と言うのが、昨今の感想である。
映画だけではなく、これから上映予定の、沢山のチラシが嬉しかった。
昔はB5だったが、今はA4。
チラシと予告編だけにして置けば良かった。
本編は見ない方が良かった。
1800円、金返せ。と言う映画も多くなった。
それでも、これを観るまでは、絶対死ねないな、と言う映画が見つかる。
コロナのせいで、12月からの正月映画が、来春になり、正月が寂しい。
大晦日から正月休みは、毎日映画館三昧が習慣だったのだが。
来年は、ネットで映画となってしまう。
来年は春迄、待ち遠しい。
万が一の事があっても、化けてでも、映画館に行く。
その位になって、映画ファンと言う。
夜は、テレビで、黒沢監督の特番を観た。
若い時から、俊英のイメージがあった。
年は小生と同年。今年65歳。こちらは、俊英映画御隠居を目指す。
映画界の同期、戦友。
映画監督も映画ファンも共に老いて生きる。
私の映画本の題名は決まった。
映画を観る迄、死ねない。
出版社は決まっていません。

今日迄湖山職員にコロナ1人
ご苦労様です 感謝致します

湖山G代表 湖山泰成