グループ関連
コーポレートサイト

●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ ファンコート厚木
  └ ファンコート泉
社会福祉法人 平成会
社会福祉法人 湖星会
医療法人社団 緑愛会
  └ 茂庭オー・ド・エクラ
社会福祉法人 緑愛会
  └ 特養オー・ド・エクラ
医療法人社団 湖聖会(宮城)
株式会社 テイクオフ
株式会社 健康倶楽部
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会(東京事業部)
  ├ 銀座医院
  ├ 上野透析クリニック
  ├ 健康倶楽部北野
  ├ カーサしんゆりフランシア
  └ 芝地区港区立いきいきプラザ
株式会社 日本ライフデザイン
  ├ 葉山の丘
  ├ アーバンリビング相模原
  ├ ベルビルガーデンやまと
  ├ ベルビルサロンつるま
  └ ベルビルサロン田園
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  └ クラシックレジデンス東戸塚
社会福祉法人 カメリア会
  ├ カメリア桜ヶ丘
  └ サンハイム荒川
社会福祉法人 大和会
社会福祉法人 白山福祉会
  ├ 新卒採用専用サイト
  ├ 25の壁 キャリア採用サイト
  └ キャリア採用専用サイト
社会福祉法人 苗場福祉会
社会福祉法人 狭山公樹会
株式会社 スマイルパートナーズ
一般財団法人 愛生会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 湖山リハビリテーション病院
  ├ ききょうの郷
  ├ 鶴舞乃城
  └ 星のしずく
社会福祉法人 百葉の会
社会福祉法人 湖成会
  └ 採用専用サイト 
医療法人社団 藤友五幸会

グループ関連ブログサイト

●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ 会津美里事業部
  ├ 会津事業部
  ├ 郡山事業部
  └ 神奈川事業部
社会福祉法人 湖星会
  └ ラスール泉
  └ ラスール坂下
  └ ラスール金沢文庫
  └ ラスール苗穂
  └ ラスール掛川
  └ ラスール伊達
  └ 万葉の郷
  └ オハナハウス
  └ みどりの郷
株式会社 健康倶楽部
医療法人社団 緑愛会
医療法人社団 湖聖会(宮城)
  └ はまブログ
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 銀座医院だより
  ├ 介護日記
  └ 地域交流通信
微笑み新たに-日本ライフデザイン
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  ├ マナーハウス麻溝台
  ├ アートフェリス
  ├ マナーハウス横山台
  ├ フェリス八幡
   ├ フェリス
   ├ クラシックレジデンス東戸塚
  └ クラシックレジデンス江戸川台

カメリア会 スタッフのつぶやき
社会福祉法人 白山福祉会
社会福祉法人 苗場福祉会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 百葉の会新卒採用情報
  ├ 湖山リハビリテーション病院 ふれあい日記
  ├ 鶴舞乃城
  ├ もももも百葉
  ├ そてつの一歩
  ├ ゆひもや
  ├ 百葉介護センターわかば
  ├ 百葉二の宮
  ├ 「みずあおい」のブログ
  ├ わらちゃんしなちゃんCafe
  ├ 百葉清水浪漫館
  ├ アーマビリータ
  ├ 花ごろも
  ├ わたしの家
  ├ 星のしずく
  ├ デイサービスセンターアルク富士宮
  └ 花咲み

社会福祉法人 百葉の会
  └ 南部の郷

社会福祉法人 湖成会
  ├ 百恵の郷
  ├ 熱海伊豆海の郷
  ├ 富士多機能ホーム
  ├ 特別養護老人ホーム 楓の丘
医療法人社団 藤友五幸会

【銀座湖山日記/10月31日】スリーストライクアウト

【銀座湖山日記/10月31日】スリーストライクアウト

4102237_s
月末の週末2日間は、経営基本会議。
全ての法人の月次報告がさる。
今年から、コロナ対策で、zoomで全国オンライン会議。
延200名近い幹部が参加発表している。
ネットは、コミュニケーションの遊び部分がないので、神経が疲れる。
心がささくれだつ。
人間味を出しにくいのだ。
大きなテレビスクリーンで、淡々と報告されるのは、国会テレビ放送か、国連会議をテレビで見ている感覚に似ている。
正直に言うと、心の底に響いてこない。
報告者は、現場を本当に見ているのだろうか。
現場からの報告を事務管理者が、中継報告書をまとめている感じ。
現場感覚、当事者責任感から、膜一枚遠い感じがする。
氷や燃える松明を素手で握った激痛が伝わってこない。
問題や不祥事も、すいませんとの一言で終わらせてしまう。
問題を起こした職員、現場をどう、罰し、励まし、育成していくのか。
その切実さが、伝わってこない。
同じ失敗が、13000人の中で、2度起こる。
2度と同じ過ちを起こしてはいけないはず。
それどころか、私の人生経験は、湖山の施設で2度起きた問題は、3度起こる。
2度ではない。
それくらい、どの施設でも、起きうる事。
実際、同じく苦しんでいる。
ケースを共有して、学ぶしかないと思うのだが、その切迫感は薄い。
自分の法人は大丈夫です。大丈夫と思っていました。
との答弁が聞こえる。
どんな恥ずかしい事も、全職員に、公表して、対処処分結果を記録に残すべきだ。
しかも、200名の幹部だけが、聞いても13000人には伝わっていない。
これからは、会議報告、指示、ケーススタディは、全職員に、メールで送るべきではないか。
担当幹部自身が及び腰、後ろ向きなのが現実。
そこを打破しない限り、湖山の本質的問題は改善しない。
全細胞が、自己再生していく生体組織にするにはどうしたら良いのだろうか。
スリーストライクアウト!
湖山として、3度は許しません。
一度はチャンスを与えても。

今日迄湖山職員にコロナ2人
御苦労様です。感謝致します。

湖山G代表 湖山泰成