グループ関連
コーポレートサイト
●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ ファンコート厚木
  └ ファンコート泉
社会福祉法人 平成会
社会福祉法人 湖星会
医療法人社団 緑愛会
  └ 茂庭オー・ド・エクラ
社会福祉法人 緑愛会
  └ 特養オー・ド・エクラ
医療法人社団 湖聖会(宮城)
株式会社 テイクオフ
株式会社 健康倶楽部
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会(東京事業部)
  ├ 銀座医院
  ├ 上野透析クリニック
  ├ 健康倶楽部北野
  ├ カーサしんゆりフランシア
  └ 芝地区港区立いきいきプラザ
株式会社 日本ライフデザイン
  ├ 葉山の丘
  ├ アーバンリビング相模原
  ├ ベルビルガーデンやまと
  ├ ベルビルサロンつるま
  └ ベルビルサロン田園
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  └ クラシックレジデンス東戸塚
社会福祉法人 カメリア会
  ├ カメリア桜ヶ丘
  └ サンハイム荒川
社会福祉法人 大和会
社会福祉法人 白山福祉会
  ├ 新卒採用専用サイト
  ├ 25の壁 キャリア採用サイト
  └ キャリア採用専用サイト
社会福祉法人 苗場福祉会
社会福祉法人 狭山公樹会
株式会社 スマイルパートナーズ
一般財団法人 愛生会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 湖山リハビリテーション病院
  ├ ききょうの郷
  ├ 鶴舞乃城
  └ 星のしずく
社会福祉法人 百葉の会
社会福祉法人 湖成会
  └ 熱海伊豆海の郷 
医療法人社団 藤友五幸会
グループ関連ブログサイト
●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ 会津美里事業部
  ├ 会津事業部
  ├ 郡山事業部
  └ 神奈川事業部
社会福祉法人 湖星会
  └ ラスール泉
  └ ラスール坂下
  └ ラスール金沢文庫
  └ ラスール苗穂
  └ ラスール掛川
  └ ラスール伊達
  └ 万葉の郷
  └ オハナハウス
  └ みどりの郷
株式会社 健康倶楽部
医療法人社団 緑愛会
医療法人社団 湖聖会(宮城)
  └ はまブログ
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 銀座医院だより
  ├ 介護日記
  └ 地域交流通信
微笑み新たに-日本ライフデザイン
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  ├ マナーハウス麻溝台
  ├ アートフェリス
  ├ マナーハウス横山台
  ├ フェリス八幡
   ├ フェリス
   ├ クラシックレジデンス東戸塚
  └ クラシックレジデンス江戸川台
カメリア会 スタッフのつぶやき
社会福祉法人 白山福祉会
社会福祉法人 苗場福祉会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 百葉の会新卒採用情報
  ├ 湖山リハビリテーション病院 ふれあい日記
  ├ 鶴舞乃城
  ├ もももも百葉
  ├ そてつの一歩
  ├ ゆひもや
  ├ 百葉介護センターわかば
  ├ 百葉二の宮
  ├ 「みずあおい」のブログ
  ├ わらちゃんしなちゃんCafe
  ├ 百葉清水浪漫館
  ├ アーマビリータ
  ├ 花ごろも
  ├ わたしの家
  ├ 星のしずく
  ├ デイサービスセンターアルク富士宮
  └ 花咲み
社会福祉法人 百葉の会
  └ 南部の郷
社会福祉法人 湖成会
  ├ 百恵の郷
  ├ 熱海伊豆海の郷
  ├ 富士多機能ホーム
  ├ 特別養護老人ホーム 楓の丘
医療法人社団 藤友五幸会

【銀座湖山日記/11月14日】ビリだからノーベル賞

【銀座湖山日記/11月14日】ビリだからノーベル賞

17964_s
カリオカンデでノーベル賞を受賞した小柴教授が亡くなった。
享年94歳。
つまり、故聖道理事長の一高、東大の同期。
父とは親しく、私も子供の時から、よくお会いした。
いつも、豪鬼で、おしゃべり。
特に、ノーベル賞を受賞なさってから、いつも、自慢話。
嬉しっくって仕方がない。
と言った風で、やんちゃな悪戯坊主と言った風満載。
他の東大の教授とは雰囲気が全然違う。
東大の医学部の教授の先生は、知性と理性が水晶になったような方ばかり。
秀才、英才を絵に描いたような人ばかり。
その中で、暖かいエネルギーを振り撒く印象的な先生。
東大で、京大の朝永先生を信奉していたのも、東大では珍しい。
私も、湯川、朝永ノーベル賞教授を憧れていたので、嬉しかった。
小学生の頃の憧れは、数学や物理学の研究者でした。
地下1000メートルに純水の巨大タンクを作る。
そこで、素粒子ニュートリノを見つけ、ノーベル賞を受賞した。
素粒子と遭遇できる可能性はほとんど無かった。
宇宙のタイムスケールからすれば、研究開始数年で発見できたのは、奇跡。
ありえない。
宇宙人との未知との遭遇の可能性と同じ。
考えてみれば、そんな可能性の薄い研究に、巨大予算を認めた当時の日本の大蔵省は偉かった。
とにかく、他国はそんな研究に予算を出さなかった。
誰もが、運が良いと言っても、研究者が優秀だからとは言わなかった。
でも、いつも、先生は俺はやるんだ、やったんだと、情熱一杯。
地下のカミオカンデに入ると、半年は地上に上がって来られない。
家族とも、会えない、連絡もできない。
トンネルの中で、素粒子との遭遇を待つのみ。
昼夜の時間も関係なく、計器で観測するしかない。
その、研究に人生を捧げ、命を縮めた、部下の教授がいた。
その研究者はノーベル賞の受賞を知らずに亡くなった。
何時も、その事を、すまなく思っていた。
酒を飲むと、いつも、すまない、すまないと言って、泣いていた。
隣で、優しく、母親のように何時も慰めていた父の姿を思い出す。
東大をビリで卒業した事を自慢していた。
ビリだったろうなと言うような気さくで、子供っぽい熱い人だった。
でも、講演会では、始めると、ドアを閉めて、鍵を掛けさせた。
遅れて、途中から、聞きに来る聴衆を許さなかった。
そう言う教授も、小柴先生位しか、思い起こせない。
とにかく、印象的な忘れられない先生だった。

今日迄湖山職員にコロナ3人
御苦労様です 感謝致します

湖山G代表 湖山泰成

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【コメント】
昨日亡くなった小柴昌俊教授についての代表の追悼文は、非常に印象的でした。
ノーベル賞を受けた学者は、典型的な学者タイプと思っていましたが、
東大では劣等生で、やんちゃな悪戯坊主と言った風であったということを知り、
人間的な温かみのある人であったことを知りました。
また、有望な弟子の早死に対しても
深い思いやりを持っていたことからも教授の人間性のすばらしさを感じました。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
Taku ren(医療福祉経営学博士)
愛生会多摩成人病研究所 主任研究員
ハリウッド大学院大学 客員教授
■mail:takuren20131209@gmail.com