グループ関連
コーポレートサイト

●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ ファンコート厚木
  └ ファンコート泉
社会福祉法人 平成会
社会福祉法人 湖星会
医療法人社団 緑愛会
  └ 茂庭オー・ド・エクラ
社会福祉法人 緑愛会
  └ 特養オー・ド・エクラ
医療法人社団 湖聖会(宮城)
株式会社 テイクオフ
株式会社 健康倶楽部
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会(東京事業部)
  ├ 銀座医院
  ├ 上野透析クリニック
  ├ 健康倶楽部北野
  ├ カーサしんゆりフランシア
  └ 芝地区港区立いきいきプラザ
株式会社 日本ライフデザイン
  ├ 葉山の丘
  ├ アーバンリビング相模原
  ├ ベルビルガーデンやまと
  ├ ベルビルサロンつるま
  └ ベルビルサロン田園
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  └ クラシックレジデンス東戸塚
社会福祉法人 カメリア会
  ├ カメリア桜ヶ丘
  └ サンハイム荒川
社会福祉法人 大和会
社会福祉法人 白山福祉会
  ├ 新卒採用専用サイト
  ├ 25の壁 キャリア採用サイト
  └ キャリア採用専用サイト
社会福祉法人 苗場福祉会
社会福祉法人 狭山公樹会
株式会社 スマイルパートナーズ
一般財団法人 愛生会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 湖山リハビリテーション病院
  ├ ききょうの郷
  ├ 鶴舞乃城
  └ 星のしずく
社会福祉法人 百葉の会
社会福祉法人 湖成会
  └ 採用専用サイト 
医療法人社団 藤友五幸会

グループ関連ブログサイト

●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ 会津美里事業部
  ├ 会津事業部
  ├ 郡山事業部
  └ 神奈川事業部
社会福祉法人 湖星会
  └ ラスール泉
  └ ラスール坂下
  └ ラスール金沢文庫
  └ ラスール苗穂
  └ ラスール掛川
  └ ラスール伊達
  └ 万葉の郷
  └ オハナハウス
  └ みどりの郷
株式会社 健康倶楽部
医療法人社団 緑愛会
医療法人社団 湖聖会(宮城)
  └ はまブログ
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 銀座医院だより
  ├ 介護日記
  └ 地域交流通信
微笑み新たに-日本ライフデザイン
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  ├ マナーハウス麻溝台
  ├ アートフェリス
  ├ マナーハウス横山台
  ├ フェリス八幡
   ├ フェリス
   ├ クラシックレジデンス東戸塚
  └ クラシックレジデンス江戸川台

カメリア会 スタッフのつぶやき
社会福祉法人 白山福祉会
社会福祉法人 苗場福祉会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 百葉の会新卒採用情報
  ├ 湖山リハビリテーション病院 ふれあい日記
  ├ 鶴舞乃城
  ├ もももも百葉
  ├ そてつの一歩
  ├ ゆひもや
  ├ 百葉介護センターわかば
  ├ 百葉二の宮
  ├ 「みずあおい」のブログ
  ├ わらちゃんしなちゃんCafe
  ├ 百葉清水浪漫館
  ├ アーマビリータ
  ├ 花ごろも
  ├ わたしの家
  ├ 星のしずく
  ├ デイサービスセンターアルク富士宮
  └ 花咲み

社会福祉法人 百葉の会
  └ 南部の郷

社会福祉法人 湖成会
  ├ 百恵の郷
  ├ 熱海伊豆海の郷
  ├ 富士多機能ホーム
  ├ 特別養護老人ホーム 楓の丘
医療法人社団 藤友五幸会

【銀座湖山日記/11月20日】列車から船へ、艦隊へ

【銀座湖山日記/11月20日】列車から船へ、艦隊へ

212692_s
病院会に入った頃、最初の印象は、病院は列車だなと思った。
強力なリーダーシップのある、理事長院長が一人で列車を牽引している。
エンジンは、先頭列車のみ、後ろの列車は引っ張ってもらっている。
特定の地域の線路を回る。
大勢の乗客を乗せる。
理事長は医療法人の持分を持つオーナー。
院長は病院開設者として認可を持つ医師。
診療は医師の専権行為。
つまり、医師の理事長院長の立場は、法律で守られた絶対権限者。
普通の会社組織と違う。
それだけ、責任も重い。
でも、人格者ばかりではない。
海の向こうの大統領みたいな人も、いないわけではない。
私は子供の時から、海洋もの漫画、映画が好き。
特に、潜水艦ものは外せない。
隠密潜航、沈没したら全乗組員の命が犠牲になる。
暗黒の深海での目に見えない同志での、知的戦闘。
将棋や碁みたいに、相手の考え、次の手を読んで、自分の手を打つ。
相手とは、国の政策である。
緊張の連続。
戦略と戦術の探り合い。
実は、宇宙船同士の戦いも同じ設定。
だから、映画で戦闘する宇宙戦艦は、宇宙空軍ではなく、海軍、NAVY。
何光年もの長い長いワープの旅をするのですから。
艦長のリーダーシップと、運命を共にする乗組員との信頼関係。
牽強付会かもしれないが、似ていると思った。
湖山の病院施設経営と。
今までは、船ごとの独立航行。
私一人で差配、指示出来るわけがない。
個々の病院施設で独立して、経営運営している。
天候、つまり、国の政策、嵐、ライバルの布陣を読んで、航路を決める。
冬山登山にも似ているかもしれない。
雪ならず、コロナの嵐に襲われても、登山隊を無事下山させなければならない。
そして、各船が好き勝手に、船旅航路を決めらる状況ではなくなった。
財政問題とコロナ。
新たに、大艦隊単位の運行を強める。
更に、湖山Gの医療・介護・生活のネットワーク経営を強める。
湖山G全艦隊の協力による、連携した運行の時代を迎えたと思う。
それでも、医療介護施設の多くが疲弊し、倒産するのではないかと心配している。
湖山Gの船は一隻とも、沈めない。
座礁させない。
そうでなければ、他の船を救う事など、出来るわけがない。
救う資格がない。

今日迄湖山職員にコロナ4人
御苦労様です 感謝致します

湖山G代表 湖山泰成

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

解説

解説に関しましては以下URLをご参照いただければ幸いです。

http://koyama-cn.com/?p=15610?cat=11