グループ関連
コーポレートサイト
●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ ファンコート厚木
  └ ファンコート泉
社会福祉法人 平成会
社会福祉法人 湖星会
医療法人社団 緑愛会
  └ 茂庭オー・ド・エクラ
社会福祉法人 緑愛会
  └ 特養オー・ド・エクラ
医療法人社団 湖聖会(宮城)
株式会社 テイクオフ
株式会社 健康倶楽部
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会(東京事業部)
  ├ 銀座医院
  ├ 上野透析クリニック
  ├ 健康倶楽部北野
  ├ カーサしんゆりフランシア
  └ 芝地区港区立いきいきプラザ
株式会社 日本ライフデザイン
  ├ 葉山の丘
  ├ アーバンリビング相模原
  ├ ベルビルガーデンやまと
  ├ ベルビルサロンつるま
  └ ベルビルサロン田園
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  └ クラシックレジデンス東戸塚
社会福祉法人 カメリア会
  ├ カメリア桜ヶ丘
  └ サンハイム荒川
社会福祉法人 大和会
社会福祉法人 白山福祉会
  ├ 新卒採用専用サイト
  ├ 25の壁 キャリア採用サイト
  └ キャリア採用専用サイト
社会福祉法人 苗場福祉会
社会福祉法人 狭山公樹会
株式会社 スマイルパートナーズ
一般財団法人 愛生会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 湖山リハビリテーション病院
  ├ ききょうの郷
  ├ 鶴舞乃城
  └ 星のしずく
社会福祉法人 百葉の会
社会福祉法人 湖成会
  └ 熱海伊豆海の郷 
医療法人社団 藤友五幸会
グループ関連ブログサイト
●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ 会津美里事業部
  ├ 会津事業部
  ├ 郡山事業部
  └ 神奈川事業部
社会福祉法人 湖星会
  └ ラスール泉
  └ ラスール坂下
  └ ラスール金沢文庫
  └ ラスール苗穂
  └ ラスール掛川
  └ ラスール伊達
  └ 万葉の郷
  └ オハナハウス
  └ みどりの郷
株式会社 健康倶楽部
医療法人社団 緑愛会
医療法人社団 湖聖会(宮城)
  └ はまブログ
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 銀座医院だより
  ├ 介護日記
  └ 地域交流通信
微笑み新たに-日本ライフデザイン
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  ├ マナーハウス麻溝台
  ├ アートフェリス
  ├ マナーハウス横山台
  ├ フェリス八幡
   ├ フェリス
   ├ クラシックレジデンス東戸塚
  └ クラシックレジデンス江戸川台
カメリア会 スタッフのつぶやき
社会福祉法人 白山福祉会
社会福祉法人 苗場福祉会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 百葉の会新卒採用情報
  ├ 湖山リハビリテーション病院 ふれあい日記
  ├ 鶴舞乃城
  ├ もももも百葉
  ├ そてつの一歩
  ├ ゆひもや
  ├ 百葉介護センターわかば
  ├ 百葉二の宮
  ├ 「みずあおい」のブログ
  ├ わらちゃんしなちゃんCafe
  ├ 百葉清水浪漫館
  ├ アーマビリータ
  ├ 花ごろも
  ├ わたしの家
  ├ 星のしずく
  ├ デイサービスセンターアルク富士宮
  └ 花咲み
社会福祉法人 百葉の会
  └ 南部の郷
社会福祉法人 湖成会
  ├ 百恵の郷
  ├ 熱海伊豆海の郷
  ├ 富士多機能ホーム
  ├ 特別養護老人ホーム 楓の丘
医療法人社団 藤友五幸会

【銀座湖山日記/1月5日】家庭より楽しい

【銀座湖山日記/1月5日】家庭より楽しい

1641947_s
親が、病院や老人ホームに入りたくないと泣く。
そんなお年寄りに、まず、ショートステイで暫く、体験してみてください。
そうして、湖山Gの病院施設を体験したご利用者患者で、残らなかった人の事は聞いたことがない。
皆さん、アメニティや食事、入浴のサービスに満足したからだ。
でも、それだけではないと思う。
スタッフとの、家族より居心地の良い人間関係が、気に入ったに違いない。
子供も孫もなかなか来てもらえない。
その代わりではない、友人として、私達との人間味ある交流、いや、生活があるからだ。
私達も、実の親よりも、長い時間、一緒に、そばにいる。
スタッフは大勢を担当しているので、その日の業務を完了させるだけで、必死。
全く、余裕はない。
利用者は、その日の担当スタッフをじっくり見ている。
あなた、今日は体調良くないんじゃない。
などと聞かれた事はないだろうか。
自分の命を預けているのだから、当たり前だが。
お年寄りは、老いた自分の為に、若い人が犠牲になる事に耐えられない。
自分の家族でなくとも。
その気持ちが、私も実感として、わかる年になった。
今年は正職員13000人になる。
介護をしなければならない親は、20000人はいる事になる。
ならば、湖山Gの施設は、職員の親を優先して入れたい。
介護離職をしてほしくない。
その為には、施設は、収益を上げて、親の室料を無料にしなければ、実現しない。
私は、父を湖山にお世話になった。
私の湖山の仲間は、皆そのような親孝行ができるようにしたい。
そうしなければ、父に叱られそうな気がしてならない。
私が父を見舞いに行っても、介護スタッフや院内託児所の幼児と話している方が、明らかに楽しそうだった。
病院と言うより、大きな家庭だね。
息子の私の実感だった。
親を入れたい病院施設がモットー。
それは、家庭に負けない、ではなく、家庭よりも明るく楽しい、と言う世界だった。
社会性のある、人間関係の多様な、豊かな大家庭。
そんな、暖かみを渇望する、正月です。
昨日、銀座の職員と木村屋のアンパンを食べました。
イチゴ味の特製です。期間限定だと思います。
今年の正月の贅沢となりました。

今日迄湖山職員にコロナ16人。
御苦労様です。感謝致します。

湖山G代表 湖山泰成

ーーーーーーー
【コメント】

代表は、湖山Gをスタッフが親を入れたくなるような施設にしたいと強調しています。

スタッフにしてみれば、自分の親がお世話になるので、安心して、しかも積極的に仕事に尽力するでしょう。

そして、利用者たちは、スタッフを自分の子供のように頼りになる存在だと思うでしょう。

そうすれば、お互いに信頼でき、支え合う楽しい家庭のようになり、運営もうまくいくと思います。

◇◆◇◆◇◆◇

愛生会 多摩成人病研究所
Taku ren(医療福祉経営学博士)
■mail:

taku-ren@naebafukushikai.com