グループ関連
コーポレートサイト
●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ ファンコート厚木
  └ ファンコート泉
社会福祉法人 平成会
社会福祉法人 湖星会
医療法人社団 緑愛会
  └ 茂庭オー・ド・エクラ
社会福祉法人 緑愛会
  └ 特養オー・ド・エクラ
医療法人社団 湖聖会(宮城)
株式会社 テイクオフ
株式会社 健康倶楽部
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会(東京事業部)
  ├ 銀座医院
  ├ 上野透析クリニック
  ├ 健康倶楽部北野
  ├ カーサしんゆりフランシア
  └ 芝地区港区立いきいきプラザ
株式会社 日本ライフデザイン
  ├ 葉山の丘
  ├ アーバンリビング相模原
  ├ ベルビルガーデンやまと
  ├ ベルビルサロンつるま
  └ ベルビルサロン田園
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  └ クラシックレジデンス東戸塚
社会福祉法人 カメリア会
  ├ カメリア桜ヶ丘
  └ サンハイム荒川
社会福祉法人 大和会
社会福祉法人 白山福祉会
  ├ 新卒採用専用サイト
  ├ 25の壁 キャリア採用サイト
  └ キャリア採用専用サイト
社会福祉法人 苗場福祉会
社会福祉法人 狭山公樹会
株式会社 スマイルパートナーズ
一般財団法人 愛生会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 湖山リハビリテーション病院
  ├ ききょうの郷
  ├ 鶴舞乃城
  └ 星のしずく
社会福祉法人 百葉の会
社会福祉法人 湖成会
  └ 採用専用サイト 
医療法人社団 藤友五幸会
グループ関連ブログサイト
●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ 会津美里事業部
  ├ 会津事業部
  ├ 郡山事業部
  └ 神奈川事業部
社会福祉法人 湖星会
  └ ラスール泉
  └ ラスール坂下
  └ ラスール金沢文庫
  └ ラスール苗穂
  └ ラスール掛川
  └ ラスール伊達
  └ 万葉の郷
  └ オハナハウス
  └ みどりの郷
株式会社 健康倶楽部
医療法人社団 緑愛会
医療法人社団 湖聖会(宮城)
  └ はまブログ
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 銀座医院だより
  ├ 介護日記
  └ 地域交流通信
微笑み新たに-日本ライフデザイン
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  ├ マナーハウス麻溝台
  ├ アートフェリス
  ├ マナーハウス横山台
  ├ フェリス八幡
   ├ フェリス
   ├ クラシックレジデンス東戸塚
  └ クラシックレジデンス江戸川台
カメリア会 スタッフのつぶやき
社会福祉法人 白山福祉会
社会福祉法人 苗場福祉会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 百葉の会新卒採用情報
  ├ 湖山リハビリテーション病院 ふれあい日記
  ├ 鶴舞乃城
  ├ もももも百葉
  ├ そてつの一歩
  ├ ゆひもや
  ├ 百葉介護センターわかば
  ├ 百葉二の宮
  ├ 「みずあおい」のブログ
  ├ わらちゃんしなちゃんCafe
  ├ 百葉清水浪漫館
  ├ アーマビリータ
  ├ 花ごろも
  ├ わたしの家
  ├ 星のしずく
  ├ デイサービスセンターアルク富士宮
  └ 花咲み
社会福祉法人 百葉の会
  └ 南部の郷
社会福祉法人 湖成会
  ├ 百恵の郷
  ├ 熱海伊豆海の郷
  ├ 富士多機能ホーム
  ├ 特別養護老人ホーム 楓の丘
医療法人社団 藤友五幸会

【銀座湖山日記/1月23日】単独型全個室老健

【銀座湖山日記/1月23日】単独型全個室老健

4026192_s
昨日、都内の単独型全個室老健に医師面接で行った。
老健としては、医師配置が多いのを感心してくださった。
老健での医療レベルをどこに取るかは、医師施設長の医師としての力量と、人間的センスである。
先生のお考えと、実績を伺って安心した。
納得感があった。
その先生も同様に感じてくださったと思う。

介護療養病床が減らされる政策の中。
単独型個室老健の存在価値が見直されるべきだと思う。
政策上、中間施設とも位置づけられて誕生されたのだが、中間施設と言う言葉は、今は聞かれなくなった。
コロナ療養ホテルの管理不全が取り沙汰されている。
老健と特養のショートステイの活用を検討されても良いと思う。
スタッフも管理も病院ほどでないにしろ、完備している。
老人対応施設であるが、療養目的の施設である。
コロナ対応型老健、特養があってしかるべきではないか。
全個室と言うのも、感染症施設としての基本を満たしている。
いや、大部屋の多い病院より優れている。
クラスターが発生してしまった施設は、前と同じ状況に復活させるより、感染症対策を施した施設に改造すべきだ。
個室に個別空調を設置。
ベランダからのスタッフ動線の確保。
天井に紫外線装置設置。
ベッドセンサー、カメラの設置。
そこに、補助金を出して欲しい。
今、都内は、積極的に医師を増やしている。
コロナの前から、湖山Gは、介護施設の増加に、医療施設が間に合っていないと、憂慮していた。
健診、透析も満杯なので、医療事業を拡大する予定だ。
コロナ時代には、個室透析が必要。
首都圏は、全ての介護施設に往診可能な距離に医療施設を配置すべきと構想している。
5年計画のつもりだったが、そこにコロナ。
急ぐ。でも、志ある医師と看護師の確保が優先。全て。
医療と介護の二重らせん。
離れず、絡まらずの整備計画が、そうも言っていられなくなりそうだ。
医療介護の一体化が必要になりそうな状況。
介護施設にこそ、医療の支えが必要。
首都圏のコロナクラスターが発生した福祉介護施設は、病院併設が多い。
外来、デイなどから、感染しやすい。
でも、感染施設の復活も、病院の支援なくては、不可能だった。

30年前、初めて、老健を開設した時、母に報告した。
母は、「老犬、老いた犬?」
と、聞き返して来た。
母の困惑した表情は、今でも覚えている。
どう答えたかは覚えていない。
私の方が困惑したのではないか。

老健は老犬かと、母は言い

その母は、もういません。

湖山 泰成

ーーーーーーー
解説

解説に関しましては以下URLをご参照いただければ幸いです。

http://koyama-cn.com/?p=17227?cat=11