グループ関連
コーポレートサイト

●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ ファンコート厚木
  └ ファンコート泉
社会福祉法人 平成会
社会福祉法人 湖星会
医療法人社団 緑愛会
  └ 茂庭オー・ド・エクラ
社会福祉法人 緑愛会
  └ 特養オー・ド・エクラ
医療法人社団 湖聖会(宮城)
株式会社 テイクオフ
株式会社 健康倶楽部
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会(東京事業部)
  ├ 銀座医院
  ├ 上野透析クリニック
  ├ 健康倶楽部北野
  ├ カーサしんゆりフランシア
  └ 芝地区港区立いきいきプラザ
株式会社 日本ライフデザイン
  ├ 葉山の丘
  ├ アーバンリビング相模原
  ├ ベルビルガーデンやまと
  ├ ベルビルサロンつるま
  └ ベルビルサロン田園
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  └ クラシックレジデンス東戸塚
社会福祉法人 カメリア会
  ├ カメリア桜ヶ丘
  └ サンハイム荒川
社会福祉法人 大和会
社会福祉法人 白山福祉会
  ├ 新卒採用専用サイト
  ├ 25の壁 キャリア採用サイト
  └ キャリア採用専用サイト
社会福祉法人 苗場福祉会
社会福祉法人 狭山公樹会
株式会社 スマイルパートナーズ
一般財団法人 愛生会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 湖山リハビリテーション病院
  ├ ききょうの郷
  ├ 鶴舞乃城
  └ 星のしずく
社会福祉法人 百葉の会
社会福祉法人 湖成会
  └ 採用専用サイト 
医療法人社団 藤友五幸会

グループ関連ブログサイト

●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ 会津美里事業部
  ├ 会津事業部
  ├ 郡山事業部
  └ 神奈川事業部
社会福祉法人 湖星会
  └ ラスール泉
  └ ラスール坂下
  └ ラスール金沢文庫
  └ ラスール苗穂
  └ ラスール掛川
  └ ラスール伊達
  └ 万葉の郷
  └ オハナハウス
  └ みどりの郷
株式会社 健康倶楽部
医療法人社団 緑愛会
医療法人社団 湖聖会(宮城)
  └ はまブログ
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 銀座医院だより
  ├ 介護日記
  └ 地域交流通信
微笑み新たに-日本ライフデザイン
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  ├ マナーハウス麻溝台
  ├ アートフェリス
  ├ マナーハウス横山台
  ├ フェリス八幡
   ├ フェリス
   ├ クラシックレジデンス東戸塚
  └ クラシックレジデンス江戸川台

カメリア会 スタッフのつぶやき
社会福祉法人 白山福祉会
社会福祉法人 苗場福祉会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 百葉の会新卒採用情報
  ├ 湖山リハビリテーション病院 ふれあい日記
  ├ 鶴舞乃城
  ├ もももも百葉
  ├ そてつの一歩
  ├ ゆひもや
  ├ 百葉介護センターわかば
  ├ 百葉二の宮
  ├ 「みずあおい」のブログ
  ├ わらちゃんしなちゃんCafe
  ├ 百葉清水浪漫館
  ├ アーマビリータ
  ├ 花ごろも
  ├ わたしの家
  ├ 星のしずく
  ├ デイサービスセンターアルク富士宮
  └ 花咲み

社会福祉法人 百葉の会
  └ 南部の郷

社会福祉法人 湖成会
  ├ 百恵の郷
  ├ 熱海伊豆海の郷
  ├ 富士多機能ホーム
  ├ 特別養護老人ホーム 楓の丘
医療法人社団 藤友五幸会

【銀座湖山日記/3月12日】翌日

【銀座湖山日記/3月12日】翌日

3782265_s
3・11東日本大震災の翌日を記憶しているだろうか。
土曜日で、私は、1人自宅にこもっていた。
前日から、夜通しでテレビを観ていたし、その後も一日中、メールを開けておきながら、電話をかけまくった。
テレビも同じシーンを繰り返し報道していた。
ネットが、遮断されて情報が来ない。
東京は、混線してなかなかどことも繋がらない。
東京と東北は1日繋がらなかったのではないか。
新潟と静岡とか、迂回すると突然、意外な地区に繋がったりする。
空いた回線から繋がる。
災害時は、メールで個別に連絡するのは、無理。
むしろ、ホームページに揚げて観てもらう方が早い。
そんな経験から、被災地へ、電話、メールで問い合わせても繋がらないし、時間の無駄と知るようになる。
被災地から、ホームページで、無事である事を、現地情報を掲載しろ。
安全地帯の施設は、とにかく支援準備を進めろ。
指示無くとも、自動的に自主的に全国の施設は動く、と言う経験値が生まれた。
無事だから、被害が少なかったから、報告しないのはいけない。
死んでしまったから、報告が来ないのか、無事だから被害報告が来ないのか、私にはわからない。
とにかく、無事ある事の生存報告を送れ。
とにかく、連絡のつかない施設に、支援物資を搭載して、向かう。
施設に残った方も大変。
施設スタッフが減るのだから、救援に行く者も施設に残る者も全て臨戦体制。
湖山Gは、全国どこでも災害があると、その地からの連絡を待つ。
当該施設から、写真添付の被害報告メールを待つ。
ホームページからの現地報告を待つ。
文章を書く暇はない。
被害状況の写真を全国に送る。
それを受信すれば、送り主はまだ生きている事はわかる。
無事だと分かれば良い。
東京と被災地間は、メール、電話が断絶してしまう。
だからこそ、大丈夫だった施設からは、無事だ、心配ありませんとの生存連絡を全国の湖山に送る。
全国の湖山Gはただ待っていただけではない。
実は、地震2時間後から、全国の施設は動き出していた。
山形から、島根から、ワゴン車に支援物資を乗せて、北へ発信した。
生存もわからぬままに、連絡もつかぬままに、とにかく北へ支援車が向かった。
お互いに全く連絡も付かぬままに北へ向かった。
どこから、誰が、何台、どこへ向かうのかも誰もわかっていなかった。
勿論、1人自宅で連絡を待つ代表の私も、何も状況を把握していなかった。
只々、被災地の仲間を心配し、生きている事を信じ、とにかく何かをしなければと、焦っていた。
でも、実際は、全国の施設は具体的な支援準備を確実に進めていた。
新潟の中越地震の時の全国支援経験が役に立った。
コントロールセンターが機能しなくとも、全国の施設は独自の判断と行動で、支援体制に入っていた。
その事は、現地東北でお互いに遭遇して、知ることになる。
私が提案して創設した、災害福祉広域支援ネットワークサンダーバードは、動き出した。
自らの仲間を救援する為に。

本日職員新規PCR検査陽性者0
御苦労様です。感謝致します。

今朝のパリスオキシメータ 97でした

ーーーーーーー

解説

解説に関しましては以下URLをご参照いただければ幸いです。

http://koyama-cn.com/?p=19408?cat=11