グループ関連
コーポレートサイト

●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ ファンコート厚木
  └ ファンコート泉
社会福祉法人 平成会
社会福祉法人 湖星会
医療法人社団 緑愛会
  └ 茂庭オー・ド・エクラ
社会福祉法人 緑愛会
  └ 特養オー・ド・エクラ
医療法人社団 湖聖会(宮城)
株式会社 テイクオフ
株式会社 健康倶楽部
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会(東京事業部)
  ├ 銀座医院
  ├ 上野透析クリニック
  ├ 健康倶楽部北野
  ├ カーサしんゆりフランシア
  └ 芝地区港区立いきいきプラザ
株式会社 日本ライフデザイン
  ├ 葉山の丘
  ├ アーバンリビング相模原
  ├ ベルビルガーデンやまと
  ├ ベルビルサロンつるま
  └ ベルビルサロン田園
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  └ クラシックレジデンス東戸塚
社会福祉法人 カメリア会
  ├ カメリア桜ヶ丘
  └ サンハイム荒川
社会福祉法人 大和会
社会福祉法人 白山福祉会
  ├ 新卒採用専用サイト
  ├ 25の壁 キャリア採用サイト
  └ キャリア採用専用サイト
社会福祉法人 苗場福祉会
社会福祉法人 狭山公樹会
株式会社 スマイルパートナーズ
一般財団法人 愛生会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 湖山リハビリテーション病院
  ├ ききょうの郷
  ├ 鶴舞乃城
  └ 星のしずく
社会福祉法人 百葉の会
社会福祉法人 湖成会
  └ 採用専用サイト 
医療法人社団 藤友五幸会

グループ関連ブログサイト

●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ 会津美里事業部
  ├ 会津事業部
  ├ 郡山事業部
  └ 神奈川事業部
社会福祉法人 湖星会
  └ ラスール泉
  └ ラスール坂下
  └ ラスール金沢文庫
  └ ラスール苗穂
  └ ラスール掛川
  └ ラスール伊達
  └ 万葉の郷
  └ オハナハウス
  └ みどりの郷
株式会社 健康倶楽部
医療法人社団 緑愛会
医療法人社団 湖聖会(宮城)
  └ はまブログ
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 銀座医院だより
  ├ 介護日記
  └ 地域交流通信
微笑み新たに-日本ライフデザイン
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  ├ マナーハウス麻溝台
  ├ アートフェリス
  ├ マナーハウス横山台
  ├ フェリス八幡
   ├ フェリス
   ├ クラシックレジデンス東戸塚
  └ クラシックレジデンス江戸川台

カメリア会 スタッフのつぶやき
社会福祉法人 白山福祉会
社会福祉法人 苗場福祉会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 百葉の会新卒採用情報
  ├ 湖山リハビリテーション病院 ふれあい日記
  ├ 鶴舞乃城
  ├ もももも百葉
  ├ そてつの一歩
  ├ ゆひもや
  ├ 百葉介護センターわかば
  ├ 百葉二の宮
  ├ 「みずあおい」のブログ
  ├ わらちゃんしなちゃんCafe
  ├ 百葉清水浪漫館
  ├ アーマビリータ
  ├ 花ごろも
  ├ わたしの家
  ├ 星のしずく
  ├ デイサービスセンターアルク富士宮
  └ 花咲み

社会福祉法人 百葉の会
  └ 南部の郷

社会福祉法人 湖成会
  ├ 百恵の郷
  ├ 熱海伊豆海の郷
  ├ 富士多機能ホーム
  ├ 特別養護老人ホーム 楓の丘
医療法人社団 藤友五幸会

【銀座湖山日記/3月28日】介護に新しい医療を

【銀座湖山日記/3月28日】介護に新しい医療を

1909409_s
コロナの向かい風の中でも、新しい特養ホームの開設が続く。
そして、その先の施設の開設計画も進行中。
設計、職員動線、設備には、感染症対策を強化している。
病院と介護においては、ハードとソフトの両面の配慮が必要。
30年前、病院を全国見て回った。
ホテルより、贅沢なお金のかかった病院。
でも、明らかに、お金持ち相手の老人病院。
抑制はしませんとの認知症の病院。
でも、薬漬けで、反応はなかった。
スタッフレベルは高い、評価の高いリハビリテーション病院。
大部屋で、カーテンも取り払われ、マットは凹みがあった。
当時、老人温泉リハビリ病院も、お金儲けと思われても仕方がない病院が多かった。
医療界でも尊敬されていなかった。
その時以来、経営者は、お金をかけてでも、働きやすい設計、最高の医療機器、良い待遇を先に用意しなければならない。
意欲責任感のあるスタッフは、その環境でなければ育たない。
良い設計設備は、良い医療サービスを育む。
悪いハードは良いサービスを消耗させる。
優れた医師、スタッフの努力のみに頼るのは、非現実的で、経営者の怠慢だ。
私は、そう考え、今に至っている。
民間医療機関は、常に、資金と土地の限界に苦しんでいる。
そこに、政府、行政の協力が必要なのだが。
当時の父理事長は、正しい医療をすれば、良いのだよ。
とだけ言っていた。
私には、あまりにも哲学的で、具体的に考えて欲しいと不満に思っていた。
医療は、医者の良識に従うしかないのだ。
という意味だったのだろうと、今は、理解している。
父は、病院内では、あらゆる職種の職員に、ご苦労さん、ご苦労さんと声をかけていたが、医師には、厳しかった。
医師としての能力より、人間としての医療に向かう姿勢に厳しかった。
職業倫理に厳しかった。
父本人の医師としてのプライドが高く、他の良い加減な医師が許せなかったのだと思う。
医師も家庭のある人間なのだが。
恩師の東大沖中教授、虎ノ門病院初代院長の教えだと思う。
子供の頃の父は家庭でも厳しく、いつもピリピリしていた。
でも、引退してからの好々爺とした雰囲気を見ると、現役時代の医師としての緊張感がよほどのものであったのだと理解している。
厳しい父から、逃げるような思いで、地方へ、介護へと行ったのかもしれない。
介護施設が増えれば、増える程、介護における医療の質が課題となった。
でも、そう、考える介護の経営者は少ないと思う。
医療は、医療施設、医師の問題であって、介護事業者の責任ではないと、考えたがるからだ。
私はそうは思えない。
学校が、教師が、生徒の健康や怪我、命には責任がないと逃げるようなものだ。
少なくとも、専門家の治療に導くだけの責任はある。
子に対する親のように、観察義務はある。
自ら無限責任に追いやるようだが、その思いがなくて、医療介護は出来ない。
コロナ感染の社会になって、より一層、介護施設における医療を考えるようになった。
介護施設にも、医療機関並みに、PCR検査機器や検査キットを配置した。
まずは、ハードを揃えた。
次は、ソフト、人だ。
特養にも、顧問医師を配置したい。
昨日は、若く志のある医師を、東京埼玉の施設に案内した。
桜の綺麗な、人出の多い、渋滞の道筋を1日走った。
一年振りの施設。
懐かしい、多くのスタッフに迎えられ、実家に帰った気分になった。
改めて、10年以上の前の施設を見ると、その当時の私とスタッフの目指していた思想理念がわかる。
スペースに余裕があり、どこか、贅沢な部分がある。
懐かしい。
面映く、恥ずかしくもあり、嬉しい。
いつもは、食事は、検食として、施設の食事なのだが、今回は、老舗の鰻をご馳走になった。
鰻も何年振りだろう。
大体、お店に食事に行く事が無くなった。
施設ごとに、あんみつ、せんべい、団子をご馳走になった。
施設行脚の花見気分。
スタッフは、皆、元気で笑顔に見えた。
多少、無理、見栄もあったろうが、お互い様だ。
介護に理解と尊敬を持てる医師は宝だ。
そういう医師の湖山への誘いは、私の仕事だ。
これからも、喜んで、私がご案内しよう。

本日職員の新規PCR検査陽性0
ご苦労様です。感謝致します。

今朝のパルスオキシメータ97

ーーーーーーー

【銀座湖山日記/3月28日】

解説