グループ関連
コーポレートサイト

●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ ファンコート厚木
  └ ファンコート泉
社会福祉法人 平成会
社会福祉法人 湖星会
医療法人社団 緑愛会
  └ 茂庭オー・ド・エクラ
社会福祉法人 緑愛会
  └ 特養オー・ド・エクラ
医療法人社団 湖聖会(宮城)
株式会社 テイクオフ
株式会社 健康倶楽部
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会(東京事業部)
  ├ 銀座医院
  ├ 上野透析クリニック
  ├ 健康倶楽部北野
  ├ カーサしんゆりフランシア
  └ 芝地区港区立いきいきプラザ
株式会社 日本ライフデザイン
  ├ 葉山の丘
  ├ アーバンリビング相模原
  ├ ベルビルガーデンやまと
  ├ ベルビルサロンつるま
  └ ベルビルサロン田園
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  └ クラシックレジデンス東戸塚
社会福祉法人 カメリア会
  ├ カメリア桜ヶ丘
  └ サンハイム荒川
社会福祉法人 大和会
社会福祉法人 白山福祉会
  ├ 新卒採用専用サイト
  ├ 25の壁 キャリア採用サイト
  └ キャリア採用専用サイト
社会福祉法人 苗場福祉会
社会福祉法人 狭山公樹会
株式会社 スマイルパートナーズ
一般財団法人 愛生会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 湖山リハビリテーション病院
  ├ ききょうの郷
  ├ 鶴舞乃城
  └ 星のしずく
社会福祉法人 百葉の会
社会福祉法人 湖成会
  └ 採用専用サイト 
医療法人社団 藤友五幸会

グループ関連ブログサイト

●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ 会津美里事業部
  ├ 会津事業部
  ├ 郡山事業部
  └ 神奈川事業部
社会福祉法人 湖星会
  └ ラスール泉
  └ ラスール坂下
  └ ラスール金沢文庫
  └ ラスール苗穂
  └ ラスール掛川
  └ ラスール伊達
  └ 万葉の郷
  └ オハナハウス
  └ みどりの郷
株式会社 健康倶楽部
医療法人社団 緑愛会
医療法人社団 湖聖会(宮城)
  └ はまブログ
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 銀座医院だより
  ├ 介護日記
  └ 地域交流通信
微笑み新たに-日本ライフデザイン
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  ├ マナーハウス麻溝台
  ├ アートフェリス
  ├ マナーハウス横山台
  ├ フェリス八幡
   ├ フェリス
   ├ クラシックレジデンス東戸塚
  └ クラシックレジデンス江戸川台

カメリア会 スタッフのつぶやき
社会福祉法人 白山福祉会
社会福祉法人 苗場福祉会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 百葉の会新卒採用情報
  ├ 湖山リハビリテーション病院 ふれあい日記
  ├ 鶴舞乃城
  ├ もももも百葉
  ├ そてつの一歩
  ├ ゆひもや
  ├ 百葉介護センターわかば
  ├ 百葉二の宮
  ├ 「みずあおい」のブログ
  ├ わらちゃんしなちゃんCafe
  ├ 百葉清水浪漫館
  ├ アーマビリータ
  ├ 花ごろも
  ├ わたしの家
  ├ 星のしずく
  ├ デイサービスセンターアルク富士宮
  └ 花咲み

社会福祉法人 百葉の会
  └ 南部の郷

社会福祉法人 湖成会
  ├ 百恵の郷
  ├ 熱海伊豆海の郷
  ├ 富士多機能ホーム
  ├ 特別養護老人ホーム 楓の丘
医療法人社団 藤友五幸会

【銀座湖山日記/6月26日】縮小する医療

【銀座湖山日記/6月26日】縮小する医療

4009934_s
お国は、これ50年前から医療費の拡大を憂慮し、抑制政策を第一とした。
医師と病床を増やさない事、更に老人患者を介護保険施設に移管させた。
更に、介護施設から、高齢者住宅、在宅へと、なるべく病院に入院しなくても良いように、多様な介護レベルの介護施設を制度化した。
あるゆる新設介護施設を、先頭を切って、湖山Gは開設してきた。
でも、やがて、人は寿命を終える。
日本においては、死亡診断書を書けるのは医師のみ。
結局、最期は医師のいる医療機関に送る。
特養ホームや特定介護付き施設なら、オンライン診療と血圧脈拍のデータと施設の看護師の看護記録に基づいて、遠隔診療で死亡診断をできるようになれば良いのだが。
コロナ環境では、老人の終末期医療が激増する。
都会の老人介護施設でも、過疎地の独居老人においても。
介護保険のおかげで、医療費の拡大は抑制された。
でも、その代わり、介護保険が膨大に膨れ上がる。
老人が生きるには、医療も看護も介護も生活も全てが必要。
中間施設として、老健・特養があれば、入院老人患者の在宅復帰が早まり、税金による財政負担の節減ができるというのは、机上の空論だ。
想定外に、コロナのせいで、結果として、この1年の医療費は1兆6千億円減少した。
その結果、中小病院や診療所は患者が激減した。
患者も医療機関へ行く事に慎重になった。
医療機関へのアクセスの良さが日本の医療体制の誇りだったのだが、コロナで状況は変わった。
今は、ワクチン接種だけでも、医師の絶対数が足らない。
その上で、医師の働き先の民間病院の職場が減っている。
診療科によって、コロナで忙しくなった科と、患者が来なくなって余裕が出てきた科と差が出てきた。
専門医制度によって、医師の偏在の融通が難しくなった事もある。
コロナは感染症。
昔の感染症病床、療養病床が、コロナには必要なのかもしれない。
東京の医師は、民間病院、診療所でアルバイトする事を前提に生活している。
高所得者は、地方の開業医の事。
東京の若手医師はの給与は官僚とさほど差はない。
週末の当直や、外来のアルバイトで、本給並みに稼いで生活していた。
学会参加や博士論文の制作に、昔は、製薬会社があるゆる面でサポートしていたが、今は昔とは程遠い。
このままでは、優秀な人は、官庁にも医療も目指さなくなる。
もう、すでにそうなっているような気がする。
湖山はすでに、特養ホームと小規模多機能は日本一になった。
今後のコロナ世界を俯瞰すると、改めて、次世代の医療の構築育成が必要だと確信した。
介護の世界だけでなく、医療の世界においても、人材の育成に尽力を尽くしたい。
優秀で、情熱のある若手医師との交流を心掛ける。
勿論、新設特養ホームの開設予定も、目白押しだ。
どの施設も採用と教育に苦労している。
この苦労は、永遠に変わるまい。
担当者に伝えたい。
採用は、誠実さだ。
教育は、親切の技術を身に付けさせる事だ。
自分の人間性が問われている。
勿論、私自身の。

本日新規職員PCR検査陽性者0
ご苦労様です。感謝致します。

今朝のパルスオキシメータ 98・98・97

ーーーーーーー

【銀座湖山日記】

http://koyama-cn.com/

e58aa8e794bb-e6898be58abfe7aeade5a4b4-e68c89e994ae-e68c87e7a4ba