グループ関連
コーポレートサイト

●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ ファンコート厚木
  └ ファンコート泉
社会福祉法人 平成会
社会福祉法人 湖星会
医療法人社団 緑愛会
  └ 茂庭オー・ド・エクラ
社会福祉法人 緑愛会
  └ 特養オー・ド・エクラ
医療法人社団 湖聖会(宮城)
株式会社 テイクオフ
株式会社 健康倶楽部
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会(東京事業部)
  ├ 銀座医院
  ├ 上野透析クリニック
  ├ 健康倶楽部北野
  ├ カーサしんゆりフランシア
  └ 芝地区港区立いきいきプラザ
株式会社 日本ライフデザイン
  ├ 葉山の丘
  ├ アーバンリビング相模原
  ├ ベルビルガーデンやまと
  ├ ベルビルサロンつるま
  └ ベルビルサロン田園
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  └ クラシックレジデンス東戸塚
社会福祉法人 カメリア会
  ├ カメリア桜ヶ丘
  └ サンハイム荒川
社会福祉法人 大和会
社会福祉法人 白山福祉会
  ├ 新卒採用専用サイト
  ├ 25の壁 キャリア採用サイト
  └ キャリア採用専用サイト
社会福祉法人 苗場福祉会
社会福祉法人 狭山公樹会
株式会社 スマイルパートナーズ
一般財団法人 愛生会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 湖山リハビリテーション病院
  ├ ききょうの郷
  ├ 鶴舞乃城
  └ 星のしずく
社会福祉法人 百葉の会
社会福祉法人 湖成会
  └ 採用専用サイト 
医療法人社団 藤友五幸会

グループ関連ブログサイト

●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ 会津美里事業部
  ├ 会津事業部
  ├ 郡山事業部
  └ 神奈川事業部
社会福祉法人 湖星会
  └ ラスール泉
  └ ラスール坂下
  └ ラスール金沢文庫
  └ ラスール苗穂
  └ ラスール掛川
  └ ラスール伊達
  └ 万葉の郷
  └ オハナハウス
  └ みどりの郷
株式会社 健康倶楽部
医療法人社団 緑愛会
医療法人社団 湖聖会(宮城)
  └ はまブログ
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 銀座医院だより
  ├ 介護日記
  └ 地域交流通信
微笑み新たに-日本ライフデザイン
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  ├ マナーハウス麻溝台
  ├ アートフェリス
  ├ マナーハウス横山台
  ├ フェリス八幡
   ├ フェリス
   ├ クラシックレジデンス東戸塚
  └ クラシックレジデンス江戸川台

カメリア会 スタッフのつぶやき
社会福祉法人 白山福祉会
社会福祉法人 苗場福祉会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 百葉の会新卒採用情報
  ├ 湖山リハビリテーション病院 ふれあい日記
  ├ 鶴舞乃城
  ├ もももも百葉
  ├ そてつの一歩
  ├ ゆひもや
  ├ 百葉介護センターわかば
  ├ 百葉二の宮
  ├ 「みずあおい」のブログ
  ├ わらちゃんしなちゃんCafe
  ├ 百葉清水浪漫館
  ├ アーマビリータ
  ├ 花ごろも
  ├ わたしの家
  ├ 星のしずく
  ├ デイサービスセンターアルク富士宮
  └ 花咲み

社会福祉法人 百葉の会
  └ 南部の郷

社会福祉法人 湖成会
  ├ 百恵の郷
  ├ 熱海伊豆海の郷
  ├ 富士多機能ホーム
  ├ 特別養護老人ホーム 楓の丘
医療法人社団 藤友五幸会

【銀座湖山日記/8月15日】泰成君の週末

【銀座湖山日記/8月15日】泰成君の週末

4917520_s
小学校の3・4年の頃は、自宅近くの商店街の貸本屋、古本屋、そしてプラモデルショップをぶらぶらするのが日課だった。
越境入学で、通学片道1時間半の学校だったので、自宅近所に遊び友達が少なかったのだ。
正直言うと、野球も、ビー玉もメンコも、不得意と言うか、はっきり言えば、カモだった。
いつもお小遣い分を全部巻き上げられていた。
スポーツも、集団行動も苦手だった。
当時から、自分で紅茶やコーヒーをいれて、クラシックを聴き、徹夜で読書するのが好きだった。
ませた引きこもりだ。
小学校5年くらいから、神田の古本屋街を散歩・放浪するようになった。
三省堂から出発するのだが、半日足が痛くなるまで、立ち読みする。
一冊を完読する為に、3件の本屋を歩く。
そして、浮かしたお金て、古本屋の入り口のカゴにある百円均一の文庫本を一冊だけ買う。
早川ミステリや創元文庫のSFか推理探偵物。
シャーロック・ホームズやポアロ。
中学生位になると、神田・お茶の水の学生街のカレー店や、カロリーと呼ばれていた大飯がついて来る定食屋に寄って帰る。
友達がいなかったと思う。
本や映画しか相手をしてくれる友達はいなかった。
何時も心は別世界に飛んでいた。
実世界に関心がなかった。
小説家は無理でも、何かの物書きになりたかったのだと思う。
学者の随筆も好きだった。
学者は憧れだった。
本だけ読んで、暮らしていけるように思ったのだ。
今の学者はそうではないだろう。
当時から、公園と図書館の近くのアパートを借りて、評論家や歴史家のような、物書きのフリーターが理想だったのだ。
今も、週末だけは、自宅読書蟄居をしている。
もう、小説が頭に入らない。
現実が重すぎて、架空話にのめり込めないのだ。
ノンフィクション、ジャーナリズムや社会、医療の固い本ばかり。
でも、何か知的刺激を求めている。
隠居して竹林の賢人、御隠居。
子供の頃からの理想だったのかもしれない。
現実からの逃避。
今日は、施設のある町内会の防災訓練の打ち合わせに、初めて出席する。
カートと、新しい顧問医師の紹介状を持参する。
現実の東京での生存継続は困難を迎える。
不安で仕方がない。
コロナだからこそ、身内で寄り添う。
雨は降り続いている。

本日職員新規PCR検査陽性者0
ご苦労様です。感謝致します。

今朝のパルスオキシメータ 98・99・98
代表 湖山泰成

ーーーーーーー

http://koyama-cn.com/