グループ関連
コーポレートサイト

●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ ファンコート厚木
  └ ファンコート泉
社会福祉法人 平成会
社会福祉法人 湖星会
医療法人社団 緑愛会
  └ 茂庭オー・ド・エクラ
社会福祉法人 緑愛会
  └ 特養オー・ド・エクラ
医療法人社団 湖聖会(宮城)
株式会社 テイクオフ
株式会社 健康倶楽部
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会(東京事業部)
  ├ 銀座医院
  ├ 上野透析クリニック
  ├ 健康倶楽部北野
  ├ カーサしんゆりフランシア
  └ 芝地区港区立いきいきプラザ
株式会社 日本ライフデザイン
  ├ 葉山の丘
  ├ アーバンリビング相模原
  ├ ベルビルガーデンやまと
  ├ ベルビルサロンつるま
  └ ベルビルサロン田園
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  └ クラシックレジデンス東戸塚
社会福祉法人 カメリア会
  ├ カメリア桜ヶ丘
  └ サンハイム荒川
社会福祉法人 大和会
社会福祉法人 白山福祉会
  ├ 新卒採用専用サイト
  ├ 25の壁 キャリア採用サイト
  └ キャリア採用専用サイト
社会福祉法人 苗場福祉会
社会福祉法人 狭山公樹会
株式会社 スマイルパートナーズ
一般財団法人 愛生会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 湖山リハビリテーション病院
  ├ ききょうの郷
  ├ 鶴舞乃城
  └ 星のしずく
社会福祉法人 百葉の会
社会福祉法人 湖成会
  └ 採用専用サイト 
医療法人社団 藤友五幸会

グループ関連ブログサイト

●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ 会津美里事業部
  ├ 会津事業部
  ├ 郡山事業部
  └ 神奈川事業部
社会福祉法人 湖星会
  └ ラスール泉
  └ ラスール坂下
  └ ラスール金沢文庫
  └ ラスール苗穂
  └ ラスール掛川
  └ ラスール伊達
  └ 万葉の郷
  └ オハナハウス
  └ みどりの郷
株式会社 健康倶楽部
医療法人社団 緑愛会
医療法人社団 湖聖会(宮城)
  └ はまブログ
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 銀座医院だより
  ├ 介護日記
  └ 地域交流通信
微笑み新たに-日本ライフデザイン
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  ├ マナーハウス麻溝台
  ├ アートフェリス
  ├ マナーハウス横山台
  ├ フェリス八幡
   ├ フェリス
   ├ クラシックレジデンス東戸塚
  └ クラシックレジデンス江戸川台

カメリア会 スタッフのつぶやき
社会福祉法人 白山福祉会
社会福祉法人 苗場福祉会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 百葉の会新卒採用情報
  ├ 湖山リハビリテーション病院 ふれあい日記
  ├ 鶴舞乃城
  ├ もももも百葉
  ├ そてつの一歩
  ├ ゆひもや
  ├ 百葉介護センターわかば
  ├ 百葉二の宮
  ├ 「みずあおい」のブログ
  ├ わらちゃんしなちゃんCafe
  ├ 百葉清水浪漫館
  ├ アーマビリータ
  ├ 花ごろも
  ├ わたしの家
  ├ 星のしずく
  ├ デイサービスセンターアルク富士宮
  └ 花咲み

社会福祉法人 百葉の会
  └ 南部の郷

社会福祉法人 湖成会
  ├ 百恵の郷
  ├ 熱海伊豆海の郷
  ├ 富士多機能ホーム
  ├ 特別養護老人ホーム 楓の丘
医療法人社団 藤友五幸会

【銀座湖山日記/9月19日】湖山経営の基礎の基礎

【銀座湖山日記/9月19日】湖山経営の基礎の基礎

22104377_s
中堅幹部研修コースの経営基礎講座の感想質問メールを読んだ。
例年より、突っ込んだ、正直な質問があり、嬉しかった。
医療介護の施設運営として捉えていても、経営と言うワードは普段意識しないのは、良く理解できる。
経営はいらないと言うのが、過去の医療、特に福祉の世界。
でも、今は、一般株式会社どころか、それ以上の理想倫理社会性のある経営を期待されている。
その事に先駆的に取り組んでいるのが、湖山Gだと自負している。
湖山G以外では、そのギャップの為に、経営の息詰まる医療介護施設が増えると思う。
コロナ環境は、更なる試練となった。
その試練は、これからが本番。
湖山G法人トップの経営理事は、過去の介護保険制度施設については、経験実績豊か。
でも、都会での大型複合施設への取り組みはこれからで、まだ、模索中。
法人が広域拡大しているので、もう、1人の経営理事では、マネジメント出来ない規模になってしまった。
法人を分離するのか、役員を地域毎に分担するのか、これからの課題だ。
その判断基準は、実績次第。
その事に尽きる。
経営実績を出し、1施設毎の経営力を確立する為にも、新艦長の会を立ち上げた。
そうすると、次は、副艦長の会の必要性も感じた。
安定した力ある組織とは、トップが引っ張るだけではない。
トップを支える、やぐら、櫓の組織構造が必要なのだ。
その櫓の柱を繋ぐ、はりとしての副施設長をどの施設にも任命したい。
経営基礎講座の意欲的な受講者の資質の高さから、更なる成長の可能性を感じた。
これなら、機関長の会も作るべきと感じた。
介護長、主任、ユニット長の育成。
船のエンジンに当たる。
では、かくゆう小生の代表は、グループ全体経営について、どう志向しているのか。
結論は、新規投資の継続と、派遣を使わない常勤職員体制の組織確立。
その2点に尽きる。
その意味のわからない人は、もう一度、経営講座を受講してください。

本日職員新規PCR検査陽性者0
ご苦労様です。感謝致します。

今朝のパルスオキシメータ 98・98・99
提督 湖山泰成

ーーーーーーー

【銀座湖山日記】

http://koyama-cn.com/

e8afa6e7bb86e58685e5aeb92-e697a5e69cachpe794a8

● https://www.facebook.com/koyama7412