グループ関連
コーポレートサイト

●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ ファンコート厚木
  └ ファンコート泉
社会福祉法人 平成会
社会福祉法人 湖星会
医療法人社団 緑愛会
  └ 茂庭オー・ド・エクラ
社会福祉法人 緑愛会
  └ 特養オー・ド・エクラ
医療法人社団 湖聖会(宮城)
株式会社 テイクオフ
株式会社 健康倶楽部
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会(東京事業部)
  ├ 銀座医院
  ├ 上野透析クリニック
  ├ 健康倶楽部北野
  ├ カーサしんゆりフランシア
  └ 芝地区港区立いきいきプラザ
株式会社 日本ライフデザイン
  ├ 葉山の丘
  ├ アーバンリビング相模原
  ├ ベルビルガーデンやまと
  ├ ベルビルサロンつるま
  └ ベルビルサロン田園
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  └ クラシックレジデンス東戸塚
社会福祉法人 カメリア会
  ├ カメリア桜ヶ丘
  └ サンハイム荒川
社会福祉法人 大和会
社会福祉法人 白山福祉会
  ├ 新卒採用専用サイト
  ├ 25の壁 キャリア採用サイト
  └ キャリア採用専用サイト
社会福祉法人 苗場福祉会
社会福祉法人 狭山公樹会
株式会社 スマイルパートナーズ
一般財団法人 愛生会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 湖山リハビリテーション病院
  ├ ききょうの郷
  ├ 鶴舞乃城
  └ 星のしずく
社会福祉法人 百葉の会
社会福祉法人 湖成会
  └ 採用専用サイト 
医療法人社団 藤友五幸会

グループ関連ブログサイト

●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ 会津美里事業部
  ├ 会津事業部
  ├ 郡山事業部
  └ 神奈川事業部
社会福祉法人 湖星会
  └ ラスール泉
  └ ラスール坂下
  └ ラスール金沢文庫
  └ ラスール苗穂
  └ ラスール掛川
  └ ラスール伊達
  └ 万葉の郷
  └ オハナハウス
  └ みどりの郷
株式会社 健康倶楽部
医療法人社団 緑愛会
医療法人社団 湖聖会(宮城)
  └ はまブログ
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 銀座医院だより
  ├ 介護日記
  └ 地域交流通信
微笑み新たに-日本ライフデザイン
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  ├ マナーハウス麻溝台
  ├ アートフェリス
  ├ マナーハウス横山台
  ├ フェリス八幡
   ├ フェリス
   ├ クラシックレジデンス東戸塚
  └ クラシックレジデンス江戸川台

カメリア会 スタッフのつぶやき
社会福祉法人 白山福祉会
社会福祉法人 苗場福祉会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 百葉の会新卒採用情報
  ├ 湖山リハビリテーション病院 ふれあい日記
  ├ 鶴舞乃城
  ├ もももも百葉
  ├ そてつの一歩
  ├ ゆひもや
  ├ 百葉介護センターわかば
  ├ 百葉二の宮
  ├ 「みずあおい」のブログ
  ├ わらちゃんしなちゃんCafe
  ├ 百葉清水浪漫館
  ├ アーマビリータ
  ├ 花ごろも
  ├ わたしの家
  ├ 星のしずく
  ├ デイサービスセンターアルク富士宮
  └ 花咲み

社会福祉法人 百葉の会
  └ 南部の郷

社会福祉法人 湖成会
  ├ 百恵の郷
  ├ 熱海伊豆海の郷
  ├ 富士多機能ホーム
  ├ 特別養護老人ホーム 楓の丘
医療法人社団 藤友五幸会

【銀座湖山日記/9月26日】 中間はどこに行った

【銀座湖山日記/9月26日】 中間はどこに行った

4760981_s
介護保険創設の頃、老人保健施設は中間施設と呼ばれた。
病院と自宅の中間に位置し、在宅復帰を促す。
病床減反政策とも言える。
介護療養病床がなくなる時代の、その補完施設とも思えた。
でも、今はその言葉を聞く事はない。
老人保健施設は、全国経営難となっている。
地方の単体老健の過半数は赤字。
病院併設の老健は、病院病床稼働の調整ベットとなっている。
施設長医師も看護師もいる。
コロナ対応施設としても、ワクチン接種施設としても、有効だと思う。
だが、そう言う話は寡聞にして、聞かない。
中間という概念は幅が広い。
サービス範囲の確立は難しいのかもしれない。
私は、右手左手を大きく伸ばして、サービスのウイングを広げようと、何時も言う。
老健の受け入れ範囲は、病院と住宅の間のニッチではない。
時には、病院の患者を。
時には、高齢者住宅の生活者を。
オリンピック五輪の輪ではないが、サービス範囲が多少、重なり合って良い。
そうでないと、小学校卒業から中学校入学みたいに、年齢で厳格に施設移動しなければならない。
病状も、介護状態も、人間は曖昧模糊。
受け入れる施設の方も、融通無碍でないと、対応できない。
省庁再編ではないが、日本の施設制度は複雑すぎる。
コロナ対応施設の必要性から言って、全てを考え直す時だと思う。
新しい首相は、考えてほしい。
私が中学高校の頃は、月刊誌が花盛りで、中間雑誌とも言われた。
文藝春秋、中央公論、岩波、現代、時代、ミツテリーマガジン、SFマガジン、オール読物。
懐かしい。
一体、毎月何冊の月刊誌を読んでいたのだろう。
新聞と政治評論月刊誌と双方を熟読していた。
右にも、左にも極端に偏らない思想を中庸として大事にしていた。
今は、とんがった、際立った立ち位置が人気。
中間雑誌に掲載された、原稿用紙100枚くらいの論文を400枚に膨らまして、新書となる。
今は、新書が、週刊誌並みに出版される。
言論、思想にも、コンセプト明快なシンプル言説が人気。
多様性、包括境界領域研究などを志向する人はどこに行ったのだろう。
私は、何時も、広く、広く、考える。
視界は、遠く、遠くへと広がる。
でも、昨今の私は、目をつぶって、足元にうずくまりそうだ。
疲れが溜まっているのは間違いない。

本日職員新規PCR検査陽性者0
ご苦労様です。感謝致します。

今朝のパルスオキシメータ 98・98・98
週末休養中 代表 湖山泰成

ーーーーーーー

【銀座湖山日記】

http://koyama-cn.com/

e8afa6e7bb86e58685e5aeb92-e697a5e69cachpe794a8

● https://www.facebook.com/koyama7412