グループ関連
コーポレートサイト

●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ ファンコート厚木
  └ ファンコート泉
社会福祉法人 平成会
社会福祉法人 湖星会
医療法人社団 緑愛会
  └ 茂庭オー・ド・エクラ
社会福祉法人 緑愛会
  └ 特養オー・ド・エクラ
医療法人社団 湖聖会(宮城)
株式会社 テイクオフ
株式会社 健康倶楽部
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会(東京事業部)
  ├ 銀座医院
  ├ 上野透析クリニック
  ├ 健康倶楽部北野
  ├ カーサしんゆりフランシア
  └ 芝地区港区立いきいきプラザ
株式会社 日本ライフデザイン
  ├ 葉山の丘
  ├ アーバンリビング相模原
  ├ ベルビルガーデンやまと
  ├ ベルビルサロンつるま
  └ ベルビルサロン田園
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  └ クラシックレジデンス東戸塚
社会福祉法人 カメリア会
  ├ カメリア桜ヶ丘
  └ サンハイム荒川
社会福祉法人 大和会
社会福祉法人 白山福祉会
  ├ 新卒採用専用サイト
  ├ 25の壁 キャリア採用サイト
  └ キャリア採用専用サイト
社会福祉法人 苗場福祉会
社会福祉法人 狭山公樹会
株式会社 スマイルパートナーズ
一般財団法人 愛生会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 湖山リハビリテーション病院
  ├ ききょうの郷
  ├ 鶴舞乃城
  └ 星のしずく
社会福祉法人 百葉の会
社会福祉法人 湖成会
  └ 採用専用サイト 
医療法人社団 藤友五幸会

グループ関連ブログサイト

●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ 会津美里事業部
  ├ 会津事業部
  ├ 郡山事業部
  └ 神奈川事業部
社会福祉法人 湖星会
  └ ラスール泉
  └ ラスール坂下
  └ ラスール金沢文庫
  └ ラスール苗穂
  └ ラスール掛川
  └ ラスール伊達
  └ 万葉の郷
  └ オハナハウス
  └ みどりの郷
株式会社 健康倶楽部
医療法人社団 緑愛会
医療法人社団 湖聖会(宮城)
  └ はまブログ
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 銀座医院だより
  ├ 介護日記
  └ 地域交流通信
微笑み新たに-日本ライフデザイン
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  ├ マナーハウス麻溝台
  ├ アートフェリス
  ├ マナーハウス横山台
  ├ フェリス八幡
   ├ フェリス
   ├ クラシックレジデンス東戸塚
  └ クラシックレジデンス江戸川台

カメリア会 スタッフのつぶやき
社会福祉法人 白山福祉会
社会福祉法人 苗場福祉会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 百葉の会新卒採用情報
  ├ 湖山リハビリテーション病院 ふれあい日記
  ├ 鶴舞乃城
  ├ もももも百葉
  ├ そてつの一歩
  ├ ゆひもや
  ├ 百葉介護センターわかば
  ├ 百葉二の宮
  ├ 「みずあおい」のブログ
  ├ わらちゃんしなちゃんCafe
  ├ 百葉清水浪漫館
  ├ アーマビリータ
  ├ 花ごろも
  ├ わたしの家
  ├ 星のしずく
  ├ デイサービスセンターアルク富士宮
  └ 花咲み

社会福祉法人 百葉の会
  └ 南部の郷

社会福祉法人 湖成会
  ├ 百恵の郷
  ├ 熱海伊豆海の郷
  ├ 富士多機能ホーム
  ├ 特別養護老人ホーム 楓の丘
医療法人社団 藤友五幸会

【銀座湖山日記/11月15日】老いて益々輝く

【銀座湖山日記/11月15日】老いて益々輝く

22302535_s
私が成人した頃は、55歳定年時代。
その頃は、定年後は楽隠居しか想定できなかった。
サザエさんのお父さんである。
今、66歳となって、終身経営者の状況にある。
湖山は、個人が創業した個人事業なので、銀行の借財には、個人保証をしている。
単純に、保証協会の保証料金が、もったいないという事もあった。
今は、それ以上に、最終経営責任を職員に明確にする為に、強いて、個人保証をしている。
万一の場合は、船長は、全員避難させるまで、船を逃げない。
自沈させる場合は、運命を共にする。
それほどのヒロイズムはないが、最終責任を明確にする。
ビルの流動化もリースも、実質売却である。
いっときの利益は、税金と広告費に消える。
マンション分譲よりも、貸ビル経営。
終身利用権の有料老人ホームも、ゴルフ会員権やリゾート会員権の販売手法に似ている。
介護バブルの後は、危ういビジネスモデルと考え、湖山Gでは避けている。
生涯、借金は、資産にバランスを取れる範囲で残す。
常に汗を掻いて、オールを漕ぐ。
私は、終身だが、職員は違う。
60、65を境に、役職や、担当法人を変えて、後輩に役を譲る。
そうしないと、若者の未来が開かれないからだ。
では、老兵はどこへ行くのか。
これから、MA、合併の時代が来る。
これも、新天地、新規事業である。
新しい、畑を開墾する。
大地を耕し、水を引く。
つまり、若い職員を導いて入れる。
肥料を入れる。
つまり、真水、資金を入れる。
それだけの、第二の創業ができるのは、湖山Gの幹部だからこそ。
第二の青春の幕開けでもある。
前期高齢者の小生は、入所一歩手前ではあるが。

本日職員新規PCR 検査陽性者0
ご苦労様です。感謝致します。

今朝のパルスオキシメータ 98・97・98
終身ベンチャー 代表 湖山泰成