グループ関連
コーポレートサイト

●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ ファンコート厚木
  └ ファンコート泉
社会福祉法人 平成会
社会福祉法人 湖星会
医療法人社団 緑愛会
  └ 茂庭オー・ド・エクラ
社会福祉法人 緑愛会
  └ 特養オー・ド・エクラ
医療法人社団 湖聖会(宮城)
株式会社 テイクオフ
株式会社 健康倶楽部
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会(東京事業部)
  ├ 銀座医院
  ├ 上野透析クリニック
  ├ 健康倶楽部北野
  ├ カーサしんゆりフランシア
  └ 芝地区港区立いきいきプラザ
株式会社 日本ライフデザイン
  ├ 葉山の丘
  ├ アーバンリビング相模原
  ├ ベルビルガーデンやまと
  ├ ベルビルサロンつるま
  └ ベルビルサロン田園
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  └ クラシックレジデンス東戸塚
社会福祉法人 カメリア会
  ├ カメリア桜ヶ丘
  └ サンハイム荒川
社会福祉法人 大和会
社会福祉法人 白山福祉会
  ├ 新卒採用専用サイト
  ├ 25の壁 キャリア採用サイト
  └ キャリア採用専用サイト
社会福祉法人 苗場福祉会
社会福祉法人 狭山公樹会
株式会社 スマイルパートナーズ
一般財団法人 愛生会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 湖山リハビリテーション病院
  ├ ききょうの郷
  ├ 鶴舞乃城
  └ 星のしずく
社会福祉法人 百葉の会
社会福祉法人 湖成会
  └ 採用専用サイト 
医療法人社団 藤友五幸会

グループ関連ブログサイト

●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ 会津美里事業部
  ├ 会津事業部
  ├ 郡山事業部
  └ 神奈川事業部
社会福祉法人 湖星会
  └ ラスール泉
  └ ラスール坂下
  └ ラスール金沢文庫
  └ ラスール苗穂
  └ ラスール掛川
  └ ラスール伊達
  └ 万葉の郷
  └ オハナハウス
  └ みどりの郷
株式会社 健康倶楽部
医療法人社団 緑愛会
医療法人社団 湖聖会(宮城)
  └ はまブログ
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 銀座医院だより
  ├ 介護日記
  └ 地域交流通信
微笑み新たに-日本ライフデザイン
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  ├ マナーハウス麻溝台
  ├ アートフェリス
  ├ マナーハウス横山台
  ├ フェリス八幡
   ├ フェリス
   ├ クラシックレジデンス東戸塚
  └ クラシックレジデンス江戸川台

カメリア会 スタッフのつぶやき
社会福祉法人 白山福祉会
社会福祉法人 苗場福祉会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 百葉の会新卒採用情報
  ├ 湖山リハビリテーション病院 ふれあい日記
  ├ 鶴舞乃城
  ├ もももも百葉
  ├ そてつの一歩
  ├ ゆひもや
  ├ 百葉介護センターわかば
  ├ 百葉二の宮
  ├ 「みずあおい」のブログ
  ├ わらちゃんしなちゃんCafe
  ├ 百葉清水浪漫館
  ├ アーマビリータ
  ├ 花ごろも
  ├ わたしの家
  ├ 星のしずく
  ├ デイサービスセンターアルク富士宮
  └ 花咲み

社会福祉法人 百葉の会
  └ 南部の郷

社会福祉法人 湖成会
  ├ 百恵の郷
  ├ 熱海伊豆海の郷
  ├ 富士多機能ホーム
  ├ 特別養護老人ホーム 楓の丘
医療法人社団 藤友五幸会

【銀座湖山日記/1月6日】医療保険と介護保険の分離と統合

【銀座湖山日記/1月6日】医療保険と介護保険の分離と統合

昔、昔、医療亡国論がまことしやかに言われていた。
医療費が膨大し続け、日本経済の足を引っ張る。
日本は、医療費の負担で、財政破綻が起こる。
など、など。
そして、人件費の高い医師でなくてもサービス提供できる、介護保健施設が誕生した。
その、財源も新たに、介護保険として生まれた。
でも、考えて欲しい。
子供が増え、学校教育予算が増えるからといって、制度・財源を分ければ良いと言うわけではない。
小中学校の義務教育と、高校大学の財源を2つに分けたところで、合わせた予算は変わらない。
それどころか、校舎建設費や、運営管理費は、合理化がならず、増えるだけだ。
本人家族にとっても、費用負担が安くなるわけではない。
それどころか、卒業入学受験回数が増えて、お金もかかる。
受験産業と、制服業者は、儲かるだろうが。
中高一貫教育の良さは、高校受験に消耗する必要がないからだ。
病院をレベル毎に分け、介護サービスも建物設計毎に法律で規制し、融通、合理化を阻んでいるのは、政策・法律だ。
それが、突然に野戦病院と言い出す。
政治家よ、官僚よ、自ら、野戦病院を見てきて欲しい。
そこに、あなたは、あなたの家族を託せるか。
家族として、我慢できるか。
40年前の、大部屋点滴付老人病院を見た人間として、現在までの、高齢者医療改革は素晴らしかったと思う。
だから、私は、お国の政策に沿って、あらゆる高齢者医療、介護施設を先頭を切って開設してきた。
でも、そのガラス細工のような細かい政策、専門性の施設体系は、コロナとの戦いの中では、有効でなくなっている。
使い勝手が悪くなっている。
介護も生活もある、医療施設が求められている。
1人の人間の肉体も精神もアバウト。
日々の人生、生活の中に、医療も介護も、愛情も必要。
湖山は、法律施設制度の枠を超えて、医療介護サービスを提供してきた。
これからは、更に、職員家族の生活保障の為に、介護保育生活サービスを考える。
親も、子供もいない私だからこそ、その仕事を担う。
湖山の職員の為に、自分の意義ある人生の為に。
しかし、一方、期待された、肝心の新しい財源の介護保険は、予想以上に急速に成長し、国民と地方自治体の負担を増やしている。
老人保健施設の施設長は、当初は、看護師でも良かったはずなのだが、結果は、医師でなくてはならにのが、実情。
老人保健施設は、社会的入院となった長期入院患者を受け入れ、在宅復帰を即す為の中間施設と説明された。
在宅の手前に置かれた施設のはずだった。
でも、現実は、殆どの老人保健施設は、病院併設で、病院の予備ベットとなっている。
老人保健施設のおかげで、病院病床は、稼働が高いが、老健は、赤字となっている施設が多いのではないだろうか。
地方においては、たった1名の施設長医師の確保ができなくなって来ている。
1人の人間には、患者には、医療も介護も生活も全て必要。
寿命が延びて、慢性疾患、重度介護が増えて来た。
コロナ対応としては、介護療養病床がもっとあっても良かったのではないかと思う。
私は、日本のコロナ発症が少なかったのは、日本特有の療養病床が多かったせいだと考えている。
ヨーロッパの老人ホームでは、多数施設内クラスターが発生して、多数の高齢者がコロナで亡くなった。
マスコミに、何故、日本の介護施設で、欧米のように爆発しないのかと聞かれた。
その都度、日本では、老人病院と言われる、療養病床が多いからではないか。
ナーシングホームと言うより、準医療機関と位置付けられるべき、老人保健施設がある。
更に、国民が低費用で、入所できる、重介護の特養ホームが充実しているからではないか、と答えた。
納得した記者はいなかったが。
国の政策論は、財源破綻を避ける為に、財政抑制の為の財源論が優先する。
また、それを理由に、消費税等で、国民負担を増やしてきた。
これからは、高齢者の医療自己負担が増える。
特養ホームも個室のみとなり、個室料を払うとなると、安価な高齢者住宅と料金は変わらない。
確かに、老人の利用は減り、財政負担は抑制される。
そして、日本の平均寿命は落ちる事になる。
それが、日本の政策の本音だと思う。
厳しい日本の現実だと思う。
公助を頼るな、自助で生きろと、お国は言うが、それは、酷だ。
湖山の職員家族には、湖山の公助を頼りにしてほしい。
その力を蓄える為に、今日も湖山の経営改善に奮起する。

本日職員新規PCR検査陽性者1名
ご苦労様です。感謝致します。

今朝のパルスオキシメータ 98・98・97

戦場の報道カメラマン ロバート・キャパとユージン・スミスに捧ぐ 
開高健を思う 代表 湖山 泰成

ーーーーーーー 

【銀座湖山日記】

http://koyama-cn.com/

● https://www.facebook.com/koyama7412