グループ関連
コーポレートサイト

●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ ファンコート厚木
  └ ファンコート泉
社会福祉法人 平成会
社会福祉法人 湖星会
医療法人社団 緑愛会
  └ 茂庭オー・ド・エクラ
社会福祉法人 緑愛会
  └ 特養オー・ド・エクラ
医療法人社団 湖聖会(宮城)
株式会社 テイクオフ
株式会社 健康倶楽部
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会(東京事業部)
  ├ 銀座医院
  ├ 上野透析クリニック
  ├ 健康倶楽部北野
  ├ カーサしんゆりフランシア
  └ 芝地区港区立いきいきプラザ
株式会社 日本ライフデザイン
  ├ 葉山の丘
  ├ アーバンリビング相模原
  ├ ベルビルガーデンやまと
  ├ ベルビルサロンつるま
  └ ベルビルサロン田園
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  └ クラシックレジデンス東戸塚
社会福祉法人 カメリア会
  ├ カメリア桜ヶ丘
  └ サンハイム荒川
社会福祉法人 大和会
社会福祉法人 白山福祉会
  ├ 新卒採用専用サイト
  ├ 25の壁 キャリア採用サイト
  └ キャリア採用専用サイト
社会福祉法人 苗場福祉会
社会福祉法人 狭山公樹会
株式会社 スマイルパートナーズ
一般財団法人 愛生会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 湖山リハビリテーション病院
  ├ ききょうの郷
  ├ 鶴舞乃城
  └ 星のしずく
社会福祉法人 百葉の会
社会福祉法人 湖成会
  └ 採用専用サイト 
医療法人社団 藤友五幸会

グループ関連ブログサイト

●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ 会津美里事業部
  ├ 会津事業部
  ├ 郡山事業部
  └ 神奈川事業部
社会福祉法人 湖星会
  └ ラスール泉
  └ ラスール坂下
  └ ラスール金沢文庫
  └ ラスール苗穂
  └ ラスール掛川
  └ ラスール伊達
  └ 万葉の郷
  └ オハナハウス
  └ みどりの郷
株式会社 健康倶楽部
医療法人社団 緑愛会
医療法人社団 湖聖会(宮城)
  └ はまブログ
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 銀座医院だより
  ├ 介護日記
  └ 地域交流通信
微笑み新たに-日本ライフデザイン
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  ├ マナーハウス麻溝台
  ├ アートフェリス
  ├ マナーハウス横山台
  ├ フェリス八幡
   ├ フェリス
   ├ クラシックレジデンス東戸塚
  └ クラシックレジデンス江戸川台

カメリア会 スタッフのつぶやき
社会福祉法人 白山福祉会
社会福祉法人 苗場福祉会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 百葉の会新卒採用情報
  ├ 湖山リハビリテーション病院 ふれあい日記
  ├ 鶴舞乃城
  ├ もももも百葉
  ├ そてつの一歩
  ├ ゆひもや
  ├ 百葉介護センターわかば
  ├ 百葉二の宮
  ├ 「みずあおい」のブログ
  ├ わらちゃんしなちゃんCafe
  ├ 百葉清水浪漫館
  ├ アーマビリータ
  ├ 花ごろも
  ├ わたしの家
  ├ 星のしずく
  ├ デイサービスセンターアルク富士宮
  └ 花咲み

社会福祉法人 百葉の会
  └ 南部の郷

社会福祉法人 湖成会
  ├ 百恵の郷
  ├ 熱海伊豆海の郷
  ├ 富士多機能ホーム
  ├ 特別養護老人ホーム 楓の丘
医療法人社団 藤友五幸会

【銀座湖山日記/1月14日】ぼけますから、よろしくお願いします。〜おかえりお母さん〜

【銀座湖山日記/1月14日】ぼけますから、よろしくお願いします。〜おかえりお母さん〜

昨日は、渋谷で、試写会に出席した。
同行の職員が泣いていた。
ヒットした前作に続く、続編。
娘の監督が、90代の両親を暖かく見つめる、ドキュメンタリー。
呉市にお住まいになる、ご両親の、ほのぼのキャラが秀逸。
特に、お父さんが未だにハンサム。
娘の故郷と両親への慕情。
両親の、仏と観音様のような雰囲気と、地味で艶のある生活感。
室内の生活感あるある風景は、心を和ます。
田舎で、ほんわか幸せそうに暮らす老いた両親。
東京のテレビ局で、寝る間も無く、番組制作をする娘。
でも、親子って良いなあ。
家族って、良いなあ、と感じさせてくれる。
嫉妬も、寂しさも関係ない。
羨ましくも、こちらも幸せになれる。
私の母は、癌で、父より早く亡くなった。
父は医者であるが、母を1年間自宅介護した。
抗癌剤で苦しんで寝こんでいた母を、抱きしめて、背中を摩っていた。
母の名前を呼びながら。
24時間。
闘病の1年間。
父は、母の為だけの1年を過ごした。
医師としてではなく、夫として。
これほど、両親が愛しあい、助け合っているとは、思わなかった。
母は、父に感謝しながら、最期の1年を夫婦で濃密に過ごした。
父の姿も、医師ではなく、愛する夫だった。
母を看取った後、父は、寂しいねえ、と小さく呟くと、小さな涙を拭っていた。
入院中の父の元に行くと、毎回そう言われた。
私を見ると、母の事を思い出すのだろう。
でも、その後は笑顔で、病院の保育所に向かった。
リハビリ車椅子で。
お菓子を持って。
笑顔で。
笑顔で始まり、笑顔が残る。
最良のドキュメンタリーは、最高のフィクションに勝る。
本物だからだ。
人間が。
心が。
3・25から、銀座でも上映する。
ヒットして欲しい。
時代を継ぐ、若い監督達の為に。
私も、両親の映像を撮っておけば良かった。
私の瞼のスクリーンでは、何時でも観れるが。
今日、早速チケットを注文する。
101分は、短くとも、充分暖かい。
温泉で、心を温めたような気持ちになります。
老いる事も、死ぬ事も怖くなくなります。
誰にも、こういう人生を送る事ができたはず。
人生、後悔ばかりと思う人も、この映画を観てください。
幸せな、他人の人生を共感する事が出来ます。
ドキュメンタリー映画の力を、暖かさを、実感して下さい。

本日職員新規PCR検査陽性者0
ご苦労様です。感謝致します。

今朝のパルスオキシメータ 97・97・97
ボケは、神様がくれた贈り物 代表 湖山泰成

ーーーーーーー 

【銀座湖山日記】

http://koyama-cn.com/

● https://www.facebook.com/koyama7412