グループ関連
コーポレートサイト
●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ ファンコート厚木
  └ ファンコート泉
社会福祉法人 平成会
社会福祉法人 湖星会
  ├ 特養ラスール掛川
  ├ 特養ラスール苗穂
  └ 特養ラスール金沢文庫
  └ 特養ラスール坂下
医療法人社団 緑愛会
  └ 茂庭オー・ド・エクラ
社会福祉法人 緑愛会
  └ 特養オー・ド・エクラ
医療法人社団 湖聖会(宮城)
株式会社 テイクオフ
株式会社 健康倶楽部
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会(東京事業部)
  ├ 銀座医院
  ├ 上野透析クリニック
  ├ 健康倶楽部北野
  ├ カーサしんゆりフランシア
  └ 芝地区港区立いきいきプラザ
株式会社 日本ライフデザイン
  ├ 葉山の丘
  ├ アーバンリビング相模原
  ├ ベルビルガーデンやまと
  ├ ベルビルサロンつるま
  └ ベルビルサロン田園
医療法人社団 湖聖会(千葉)
社会福祉法人 草加福祉会
  └ クラシックレジデンス東戸塚
社会福祉法人 カメリア会
  ├ カメリア桜ヶ丘
  └ サンハイム荒川
社会福祉法人 大和会
社会福祉法人 白山福祉会
  ├ 新卒採用専用サイト
  ├ 25の壁 キャリア採用サイト
  └ キャリア採用専用サイト
社会福祉法人 苗場福祉会
社会福祉法人 狭山公樹会
株式会社 スマイルパートナーズ
一般財団法人 愛生会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 湖山リハビリテーション病院
  ├ ききょうの郷
  ├ 鶴舞乃城
  └ 星のしずく
社会福祉法人 百葉の会
社会福祉法人 湖成会
  └ 熱海伊豆海の郷 
医療法人社団 藤友五幸会
グループ関連ブログサイト
●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ 会津美里事業部
  ├ 会津事業部
  ├ 郡山事業部
  └ 神奈川事業部
株式会社 健康倶楽部
医療法人社団 緑愛会
医療法人社団 湖聖会(宮城)
  └ はまブログ
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 銀座医院だより
  ├ 介護日記
  └ 地域交流通信
微笑み新たに-日本ライフデザイン
医療法人社団 湖聖会(千葉)
  ├ 純恵の郷だより
  └ キーストーンだより
社会福祉法人 草加福祉会
  ├ マナーハウス麻溝台
  ├ アートフェリス
  ├ マナーハウス横山台
  ├ フェリス八幡
   ├ フェリス
   ├ クラシックレジデンス東戸塚
  └ クラシックレジデンス江戸川台
カメリア会 スタッフのつぶやき
社会福祉法人 白山福祉会
社会福祉法人 苗場福祉会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 百葉の会新卒採用情報
  ├ 湖山リハビリテーション病院 ふれあい日記
  ├ 鶴舞乃城
  ├ もももも百葉
  ├ そてつの一歩
  ├ ゆひもや
  ├ 百葉介護センターわかば
  ├ 百葉二の宮
  ├ 「みずあおい」のブログ
  ├ わらちゃんしなちゃんCafe
  ├ 百葉清水浪漫館
  ├ アーマビリータ
  ├ 花ごろも
  ├ わたしの家
  ├ 星のしずく
  ├ デイサービスセンターアルク富士宮
  └ 花咲み
社会福祉法人 百葉の会
  └ 南部の郷
社会福祉法人 湖成会
  ├ 百恵の郷
  ├ 熱海伊豆海の郷
  ├ 富士多機能ホーム
  ├ 特別養護老人ホーム 楓の丘
医療法人社団 藤友五幸会

【逆転の経営】第3回 -民間企業は実質的な「混合介護」へ向かう-

【逆転の経営】第3回 -民間企業は実質的な「混合介護」へ向かう-

【逆転の経営】第3回 -民間企業は実質的な「混合介護」へ向かう-

rensai_title

オンリーワンにならなくてもいい

職員にかかるコストが地方と銀座では大違い

4月号のこのエッセイに「医療・介護が儲かるというのは誤解である」と書いたら、読者の方から「医療・介護は利益セクターになり得ないとされているがために、介護業界には企業が参入しないで置いてきぼりになっている」とのご指摘をいただいた。そのとおりだと思う。私自身も儲からなくてよいと考えているのは、あくまでも公的な介護保険制度のなかだけで完結させようとするならば、儲からないのが当たり前、という意味合いなので、そこはご理解いただきたいと思う。
今回はその部分を補足してみたい。私が「介護保険も儲からない」と考えたのは、医療保険がそうだったからである。20年以上前の話になるが、東京・銀座の救急病院の建て直しが、私にとって最初の医療の仕事であった。医療保険の料金表である診療報酬は全国一律で「1点=10円」で設定されている。諸経費が相対的に高い東京では利益が出ないどころか、まともにやればやるほど赤字になることを知った。
医療品質、医療機器のリース料、医師・看護師の年俸は、全国的にみてそれほど大きく変わらないが、不動産の賃料、職員の交通費、住宅手当、福利厚生費などは、銀座と地方とで極端に差がある。職員1人あたりでみて月5万は違う。職員が200人いれば、その差は年間1億2000万円にまで膨れ上がり、事業経営を黒字にするか、赤字にするかを分ける大きな要因となる。
最近、東京のある区では特別養護老人ホームの職員に月5万の住宅手当を補填すると聞いた。これは英断であり、拍手を送りたい。いろいろと事情があって特別老後老人ホームの職員だけに限定したのだとは思うが、将来的には、特養ホーム以外の介護事業所の職員にも、同様に住宅手当を支給してもらいたいと思う。

利益を生む分野の報酬を引き下げる「モグラたたき」!?

介護保険では、上場企業が介護事業者になり得る。これは、介護サービスを全国に拡大・普及するための手段として理解できる。サービスの成長期は採算のとれる単価を設定すれば、大きな利益を生む大規模事業者が生まれるはずだ。しかし逆に、単価を下げると、多くの事業者が疲弊・撤退し、事業者の合併・統合が進む。民間企業の参入を認めるのならば、質量や食費を自己負担にするだけでなく、介護サービス事業者が自由にサービスの価格を設定できるようにしないといけない。統一単価のままでは、サービスの内容は多様化できないし、中央・地方官、官と民の間での格差を助長してしまう。
国は、民間企業が生んできた特定の分野をターゲットにして、報酬を引き下げている。福祉用具レンタル、デイサービス、グループホームなど、優良企業の金城湯池であった分野の報酬を引き下げてきた。いわば「モグラたたい」のようなもので、利益が突出している分野を抑制したいのであろう。

「デパート」は大都市病院「ネット販売」は在宅サービス

統一価格制を前提とした介護保険制度の枠のなかだけで、介護事業者の利益を向上させるには、消費税率の大幅アップという財源確保が実現する日を待つしかない。では、その日までは、どんなことがおきるのか。
医療保険では、病院がつぶれても、製薬会社、検査、給食会社、建築業界、金融機関、コンサルタント業は繁栄した。介護保険では、介護保険サービスを「魅力ある集客窓口」と位置づけ、利益を生み出す部門をほかに用意したところが生き残るだろう。事業体としての実質的な「混合介護」といえばわかりやすいかもしれない。
居酒屋のノウハウを生かした有料老人ホーム経営や、建設会社が古い有料老人ホームの立替事業を行ったり、不動産会社が老人ホームの土地建物資産を流動化したり、マンション事業者が分譲型有料老人ホームを企画販売するようなことも考えは同じである。
しかし、小規模な介護事業者にこのようおな複合・大規模展開はできないので、残念ながら大手上場企業による介護事業の独占・河川が始まる・
「医療・介護業界戦国史」を、ダイエーやイトーヨーカドー以来の「小売業界戦国史」になぞらえると、いわゆる小売業でいう「デパート」とは、医療・介護でいうところの大都市にある大病院である。最高級品を扱い、地元の信頼も厚い老舗ぞろいであるが、多くが経営難に陥っている。そして、「大型スーパー」は、老人保健施設、特養ホームなどであって、介護施設の中核を占めているイメージである。
かたや「コンビニ」は、新興勢力のデイサービスやグループホームといったところか。利用者のニーズをうまくつかめば安定的に経営できる。そして、この不況のなか伸び続けている「インターネット販売」は、在宅サービスか。
生き残りをかけた医療・介護業界の”戦国時代”が始まった。とはいっても、ただ強ければ、それだけで生き残れるわけではない。変化し続ける環境にいかにして適応できるかが問われる。よく勘違いされやすいが、生き残るためには必ずしもナンバーワンやオンリーワンになどならなくてもよい。いくら環境が激変しようが、競争が激化しようが、ナンバーツーもナンバースリーも世の中にはしっかり生き残っていることを忘れてはならない。この論点は改めて別の機会に論じたい。