グループ関連
コーポレートサイト

●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ ファンコート厚木
  └ ファンコート泉
社会福祉法人 平成会
社会福祉法人 湖星会
医療法人社団 緑愛会
  └ 茂庭オー・ド・エクラ
社会福祉法人 緑愛会
  └ 特養オー・ド・エクラ
医療法人社団 湖聖会(宮城)
株式会社 テイクオフ
株式会社 健康倶楽部
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会(東京事業部)
  ├ 銀座医院
  ├ 上野透析クリニック
  ├ 健康倶楽部北野
  ├ カーサしんゆりフランシア
  └ 芝地区港区立いきいきプラザ
株式会社 日本ライフデザイン
  ├ 葉山の丘
  ├ アーバンリビング相模原
  ├ ベルビルガーデンやまと
  ├ ベルビルサロンつるま
  └ ベルビルサロン田園
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  └ クラシックレジデンス東戸塚
社会福祉法人 カメリア会
  ├ カメリア桜ヶ丘
  └ サンハイム荒川
社会福祉法人 大和会
社会福祉法人 白山福祉会
  ├ 新卒採用専用サイト
  ├ 25の壁 キャリア採用サイト
  └ キャリア採用専用サイト
社会福祉法人 苗場福祉会
社会福祉法人 狭山公樹会
株式会社 スマイルパートナーズ
一般財団法人 愛生会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 湖山リハビリテーション病院
  ├ ききょうの郷
  ├ 鶴舞乃城
  └ 星のしずく
社会福祉法人 百葉の会
社会福祉法人 湖成会
  └ 採用専用サイト 
医療法人社団 藤友五幸会

グループ関連ブログサイト

●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ 会津美里事業部
  ├ 会津事業部
  ├ 郡山事業部
  └ 神奈川事業部
社会福祉法人 湖星会
  └ ラスール泉
  └ ラスール坂下
  └ ラスール金沢文庫
  └ ラスール苗穂
  └ ラスール掛川
  └ ラスール伊達
  └ 万葉の郷
  └ オハナハウス
  └ みどりの郷
株式会社 健康倶楽部
医療法人社団 緑愛会
医療法人社団 湖聖会(宮城)
  └ はまブログ
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 銀座医院だより
  ├ 介護日記
  └ 地域交流通信
微笑み新たに-日本ライフデザイン
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  ├ マナーハウス麻溝台
  ├ アートフェリス
  ├ マナーハウス横山台
  ├ フェリス八幡
   ├ フェリス
   ├ クラシックレジデンス東戸塚
  └ クラシックレジデンス江戸川台

カメリア会 スタッフのつぶやき
社会福祉法人 白山福祉会
社会福祉法人 苗場福祉会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 百葉の会新卒採用情報
  ├ 湖山リハビリテーション病院 ふれあい日記
  ├ 鶴舞乃城
  ├ もももも百葉
  ├ そてつの一歩
  ├ ゆひもや
  ├ 百葉介護センターわかば
  ├ 百葉二の宮
  ├ 「みずあおい」のブログ
  ├ わらちゃんしなちゃんCafe
  ├ 百葉清水浪漫館
  ├ アーマビリータ
  ├ 花ごろも
  ├ わたしの家
  ├ 星のしずく
  ├ デイサービスセンターアルク富士宮
  └ 花咲み

社会福祉法人 百葉の会
  └ 南部の郷

社会福祉法人 湖成会
  ├ 百恵の郷
  ├ 熱海伊豆海の郷
  ├ 富士多機能ホーム
  ├ 特別養護老人ホーム 楓の丘
医療法人社団 藤友五幸会

銀座シネマタイム6 「余命」SDP配給

銀座シネマタイム6 「余命」SDP配給

「余命」SDP配給

日曜の朝に見るには重すぎる。だが、我慢できずに東京・丸の内TOEIに飛び込んだ。松雪泰子演ずる外科医が、妊娠と乳がんの再発の2つの中で自らの命を犠牲にして、出産を選ぶ切ない物語。でも、期待通り、命が未来につないで行く希望に満ち溢れたエンディングなので安心して見て欲しい。実は、予告編の松雪泰子を見て心に留めていたのだ。“フラガール”での好演以来、次を期待していた。36歳の松雪が37歳の女医をそのまま演じきる。整い過ぎた松雪の顔立ちに、己の死と出産の生を同時に受け入れようとする人間の戸惑いが浮かぶ。朝日新聞のインタビューで、演出家の奈良林陽子さんが言っている。「演技は振りをするのではなく、自分の中の真実を使う。本能的な感覚を磨き、劇中でも現実と同様に真の衝動に基づき反応するのです。役が感じる痛みや恐れはすべて自分の感情。これが達成できる役者は海外でも通用します。人の心を動かし、生きる事の凄さ、ミラクル・オブ・ライフを伝える作品を作りたい」
 松雪は素晴らしい演技をしていると思う。医者の時の表情と、患者として検査を受ける時の表情。化粧なしのスッピンをさらすのは女優として勇気がいったに違いない。真実をさらけ出す度胸と感性がある。狂人や犯罪者を演ずるより、気弱な平凡な人間を演じる事の方がはるかに難しい。
 新たな生命を得る中で、死を受容することができる。自分は死を考えながら、何を生み出そうとしているのか。谷村志穂の原作を読みながら考えた。邦画今年前半のベストワンです。(こ)