グループ関連
コーポレートサイト

●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ ファンコート厚木
  └ ファンコート泉
社会福祉法人 平成会
社会福祉法人 湖星会
医療法人社団 緑愛会
  └ 茂庭オー・ド・エクラ
社会福祉法人 緑愛会
  └ 特養オー・ド・エクラ
医療法人社団 湖聖会(宮城)
株式会社 テイクオフ
株式会社 健康倶楽部
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会(東京事業部)
  ├ 銀座医院
  ├ 上野透析クリニック
  ├ 健康倶楽部北野
  ├ カーサしんゆりフランシア
  └ 芝地区港区立いきいきプラザ
株式会社 日本ライフデザイン
  ├ 葉山の丘
  ├ アーバンリビング相模原
  ├ ベルビルガーデンやまと
  ├ ベルビルサロンつるま
  └ ベルビルサロン田園
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  └ クラシックレジデンス東戸塚
社会福祉法人 カメリア会
  ├ カメリア桜ヶ丘
  └ サンハイム荒川
社会福祉法人 大和会
社会福祉法人 白山福祉会
  ├ 新卒採用専用サイト
  ├ 25の壁 キャリア採用サイト
  └ キャリア採用専用サイト
社会福祉法人 苗場福祉会
社会福祉法人 狭山公樹会
株式会社 スマイルパートナーズ
一般財団法人 愛生会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 湖山リハビリテーション病院
  ├ ききょうの郷
  ├ 鶴舞乃城
  └ 星のしずく
社会福祉法人 百葉の会
社会福祉法人 湖成会
  └ 採用専用サイト 
医療法人社団 藤友五幸会

グループ関連ブログサイト

●東北・北海道エリア
医療法人社団 平成会
  ├ 会津美里事業部
  ├ 会津事業部
  ├ 郡山事業部
  └ 神奈川事業部
社会福祉法人 湖星会
  └ ラスール泉
  └ ラスール坂下
  └ ラスール金沢文庫
  └ ラスール苗穂
  └ ラスール掛川
  └ ラスール伊達
  └ 万葉の郷
  └ オハナハウス
  └ みどりの郷
株式会社 健康倶楽部
医療法人社団 緑愛会
医療法人社団 湖聖会(宮城)
  └ はまブログ
●関東・信越エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 銀座医院だより
  ├ 介護日記
  └ 地域交流通信
微笑み新たに-日本ライフデザイン
医療法人社団 湖聖会(東京)
社会福祉法人 草加福祉会
  ├ マナーハウス麻溝台
  ├ アートフェリス
  ├ マナーハウス横山台
  ├ フェリス八幡
   ├ フェリス
   ├ クラシックレジデンス東戸塚
  └ クラシックレジデンス江戸川台

カメリア会 スタッフのつぶやき
社会福祉法人 白山福祉会
社会福祉法人 苗場福祉会
●東海・近畿エリア
医療法人財団 百葉の会
  ├ 百葉の会新卒採用情報
  ├ 湖山リハビリテーション病院 ふれあい日記
  ├ 鶴舞乃城
  ├ もももも百葉
  ├ そてつの一歩
  ├ ゆひもや
  ├ 百葉介護センターわかば
  ├ 百葉二の宮
  ├ 「みずあおい」のブログ
  ├ わらちゃんしなちゃんCafe
  ├ 百葉清水浪漫館
  ├ アーマビリータ
  ├ 花ごろも
  ├ わたしの家
  ├ 星のしずく
  ├ デイサービスセンターアルク富士宮
  └ 花咲み

社会福祉法人 百葉の会
  └ 南部の郷

社会福祉法人 湖成会
  ├ 百恵の郷
  ├ 熱海伊豆海の郷
  ├ 富士多機能ホーム
  ├ 特別養護老人ホーム 楓の丘
医療法人社団 藤友五幸会

銀座シネマタイム8 「7つの贈り物」 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント配給

銀座シネマタイム8 「7つの贈り物」 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント配給

「7つの贈り物」 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント配給

このコラムでストーリーはあまり紹介しない。新聞雑誌にあふれているので省いている。ご容赦あれ。この映画広告ではもったいぶった意味ありげな説明で気を引くようにしている。主人公のベン・トーマスは税務署眞を偽って、何の関係もなさそうな7人にまとわりつき調査する。バレると「自分を信じてくれ。君が私のギフトを受け取る価値がある、良い人間か確信を持ちたいのだ」と逆切れをする。落ちが見えてくるとこちらの気持ちが落ち着くが、今度は退屈になってくる。そこからが役者の演技力、魅力が問われる。
主人公には全く納得感がないが、ギフトを受け取る方の役者には目を見張るものがある。エンディングの清涼感も主人公を抜きにしたところにある。ベケットの舞台劇「ゴドーを待ちながら」さながらに、主人公そのものは登場させず、受け取った者のみの想い出語りにした方が、イエスを語る使徒のようで神秘的になったのではないか。「デポラ・ウィンガーをさがして」の例もある。「幸せのちから」で役者としての新境地を開いたウィル・スミスと、同じ監督との新作である。同じ路線の感動ドラマを狙ったと言われてもしょうがないのだが。正直言って見ている時は、主人公の言動の意味が分からないので、イライラした。ウィル・スミスは抑えた演技を心がけていたようだが、何せ、演出は激しい主人公の情動を表現させようとする。オーバーアクトのクサいお涙頂戴演技に見えてしまう。現代のSeven Poundsは「ベニスの商人」に由来する。ギフトをもらった者が主人公と思って観賞し、考えてほしい。